岸田 劉生の名言 Ryusei Kishida

岸田 劉生(Ryusei Kishida)Wikipediaより

醒めよ、吾が冷き理性、醒めよ、吾が、強き意力、常に爾(なんじ)を欺(あざむ)きて、眠らせんとする、卑屈なる吾を鞭打て、吾は弱し、されど、吾は、吾自ら進まざる可らず。
醒めよ!常に醒めよ!

岸田 劉生 Ryusei Kishida

大正~昭和初期の洋画家「麗子像」シリーズ 1891〜1929


人間は、慣れよう落ち着かせようとしがちですが、これを必要以上にやると、能力の進化は実現していきませんから、かえって不自然なストレスを感じ、溜め込むことになる可能性の方が高くなっていくでしょう。

常に変化することが自然な自然界では、立ち止まること変化しないことは、すなわち後退を意味することになります。

自分の中に入ったものが、自然に落ち着いて蓄積されていくのはいいのですが、その落ち着きは次の変化への礎にしていくことで、そこで立ち止まってしまってはいけませんね。

ましてや意図的に思考などで、変化が常の自然界で落ち着かせようとすることは、非常に不自然な行為になってきます。

能力なども、常に新鮮な刺激を与えていないと成長、進化は実現していきません。

一時的、短期的な楽さなどを求めて、刺激を単調化、画一化してしまっては、能力はどんどん眠ってしまいます。

人間が単調な中では居眠りをしてしまうことと同じでしょう。

ラクさを求めるのではなく、楽しさを追求していくことです。

あなたがあなたの心が描けた夢を実現していくために、必要な能力はすでに全て備わっています。

その能力をいかに眠らせず目醒めさせるかです。

夢の実現のために必要な能力を外から獲得、仕入れるのではなく、自分の内側から引き出すイメージをぜひ持ってください。

いずれにしても、能力を引き出し活性化していくには、新鮮な刺激を受け続ける、自分に与え続けることです。

慣れよう、落ち着かせようとは自分からはしないことです。

少しでも慣れ、落ち着いたら、すぐに新たなチャレンジです。

覚醒させ続けることが、長い目で見たり、未来の夢の実現には、大きな不自然なストレスを溜めることなく前進、成長、進化を実現できる方法です。

チャレンジに物理的な抵抗、精神的な自然なストレスを感じなくなると、時間の経過とともに不自然なストレスが大きくなっていきます。

どうぞあなたの才能には、どこまでも新鮮な刺激を与え続けてください。
そういう環境を創っていってください。

そのチャレンジにあなたの才能は、能力の発揮できっと応えてくれますね。

(浜本哲治)

LINEで送る