新井 白石の名言 Hakuseki Arai

新井 白石(Hakuseki Arai)Wikipediaより。

今は小さな不名誉であっても、大きくなるに従ってその傷は大きくなる。
大望を抱くなら、目先の功利に走るな。

新井 白石 Hakuseki Arai

江戸時代中期の旗本 政治家 学者 1657〜1725


これは不名誉だけに限らず、夢の実現、才能の進化などにも言えることでしょう。

今の小さな変化が、進化が、時間の経過とともに大きな変貌へとなっていきます。

この今の小さな点のエネルギーを、あらゆる場面で軽視しないことですね。

三菱財閥の創立者の岩崎弥太郎さんの言葉に、

樽の上からすくって飲むやつは、たとえ一升飲まれても、三升飲まれてもたいしたことはない。
怖いのは樽の底から一滴でも漏ることだ。


という言葉があります。

人は、どうしても現象として現れた、大きな変化などに目を奪われがちですが、それよりも目に見えないような小さな、そして継続的に起こる変化にこそ心を向けることですね。

夢の実現、能力の進化でも、この本質を把握していれば、結果として起こったことなどに目や心を奪われて、小さな変化を起こし続けることを止めてしまうことなく、淡々とチャレンジの手を休めず積み重ねていくことができますね。

その瞬間の大きな変化より。
小さな継続的な変化の方が、何倍も大きなエネルギーを持っていることを、ぜひ認識、実感してください。

植物たちが、その小さな身体で、時にはアスファルトやコンクリートを破って、芽吹いてくるエネルギー、パワーは、この小さな変化の積み重ねから引き出されています。

一気に破ろうとすると、自分自身が傷つくことになり、結果としても破るには至りませんが、小さな変化を徐々に積み重ねていくと、いつかは突き破ることができます。

これが時のエネルギーを味方につけて、あらゆる事の成就に繋げていく秘訣ですね。

ポイントは、休まずに続けることです。

アスリートの世界でも、一日休むとそれを取り戻すのに三日かかると言われるように、また、樽から漏るお酒も、時々漏れるくらいであればあまり気にすることもないように、小さな変化、小さなエネルギーを最大に活用していくには継続しかありません。

今の結果より、今の積み重ねの方が、遥かに優先順位は上です。

どうぞあなたの素晴らしい才能には、小さな変化を継続させていくという、自然界の最大のエネルギーを授けてあげてください。

もちろん、一点突破を目指した、一点集中が不可欠なことは言うまでもありません。

無理をすることなく、あらゆる成就を成し遂げていく秘訣を、ぜひ今日もあらゆる瞬間に実践してください。

(浜本哲治)


新井白石「読史余論」


久留里城址資料館前(二の丸)に立つ新井白石像。Wikipediaより
久留里城址資料館前(二の丸)に立つ新井白石像。Wikipediaより。

LINEで送る