ジョージ・ガーシュウィンの名言 George Gershwin

ジョージ・ガーシュウィン(George Gershwin)Wikipediaより。

ふつうの気分のときに、
旋律が私の指からしたたり落ちてくる。

ジョージ・ガーシュウィン George Gershwin

米国の作曲家。1898〜1937


トレーニングなどで蓄積してきた能力を、
本番やいざという時に、
いかに存分に持てる能力を発揮できるようにするか。

また、誰にでも存在している潜在能力を、
いかに自在に引き出せるようにするかを、
私は長年研究してきています。

そして、そのコツが確立されてきていますが、
元々あるものを使ったり、引き出したりすることですから、
それは、特別な何かが必要なものではなく、
誰にでも簡単にできることだということがわかってきました。

人間界で俗に天才と言われる人たちが、
まさに、能力や情報が指からしたたり落ちたり、
自然に溢れ出てくるという現象は、
誰にでも起こせることだと言うことですね。

そして、その大切なポイントが、
まさに、言葉にあるように、普通の気分のときです。

人間は、思考を使うことに慣らされていますが、
俗に言われるような、天才的な能力や情報は、
思考領域には、あまり存在していません。

知識や情報、そして能力も、
既知のものが大半ですし、
その蓄積されている量も、わずかばかりのものですから、
組み合わせと言っても、潜在領域のそれと比べると、
雲泥の差があるほどに少ないものですから、
能力をどんどん進化させるほどには、溢れ出てはきません。

また、能力や知識を引き出そうとする時は、
それが難しいものになるほどに、
思考をフル回転させますし、力を込めたりするものですね。

普通の状態から、どんどん逸脱した状態が、
脳にも、身体にも整えられてしまい、
本来の能力や、未知の能力が引き出されづらくなっています。

それに、特別な能力を引き出すには、
ハードワークが必須だという囚われもあり、
引き出されづらい状況が、ますます強烈になっています。

特別な情報や能力が引き出されるタイミングが、
ハードワークの果ての場合が多いので、
そういう囚われを、多くの人が持っていますが、
今ある特別な情報や能力は、
力を入れずにリラックスして、
思考を手放していくことで、
どんどん引き出されて来るものです。

そして、そういう未知の能力は、
引き出されて実用するほどに、
さらなる未知の能力が高められていきます。

ただ、そういう能力を引き出していくには、
身体や物理的なハードワークは必要ありませんが、
一点に向けられた思いを、四六時中持つことは、
どうしても必要なことでしょう。

また、本人はどこまでも愉しんでいるのですが、
周りから見ると、ハードワークをこなしているように見える、
一心不乱に没頭することは大切ですね。

誰にでも、驚くほどの能力、情報は、
無限と言えるほどに眠っています。

それを、引き出せるかどうかだけです。

ぜひ、その簡単なコツをしっかり掴んで、
実際に、意図的にどんどん引き出して、
能力の進化のスパイラルや、
情報の螺旋状に伸びていく融合に、
繋げていってください。

あなたの脳は、底知れぬ可能性を秘めています。
この追求ほど、シビレルほどに愉しいことはありませんね。

(浜本哲治)


エッセンシャル・ジョージ・ガーシュウィン