ラルフ・ワルド・エマーソンの名言 Ralph Waldo Emerson

ラルフ・ワルド・エマーソン(Ralph Waldo Emerson)Wikipediaより

貴方が今、夢中になっているものを大切にしなさい。
それは貴方が真に求めているものだから。

ラルフ・ワルド・エマーソン
Ralph Waldo Emerson

米国の思想家 哲学者 作家 詩人 1803~1882


私がアスリートとしての寿命を終えて、痛切に感じたことは。

やりたいこと、やるべきことは、納得するまでとことんやるべきだということですね。

中途半端がいちばんもったいないです。

広く浅く色んなことをやるよりは、ひとつのことを深く追求した方が、遥かに学べることは多くなりますし、真理や自然の摂理を体感することにもなります。

今夢中になっているものがあれば、それは素晴らしいことです。

例えそれがどんなことであっても、とことん追求していってください。

それがあなたの夢に、仮に結びつかなかったとしても、そのチャレンジから得るものは多く。

その先に、あなたの素敵な夢が見えてくることが多いものです。

あなたの心が感じる夢中になれること、大好きなことをどうぞ大切にしていってください。

間違いなく言えることは、どんなことをして過ごしても限られた時間しかない、たった一度しかない人生ですからね。

あなたが納得できることをやらずに、そのせっかくの時間を費やすことほどもったいないことはありませんよ。

これまでに紹介したラルフ・ワルド・エマーソンさんの言葉です。

(浜本哲治)

~Ralph Waldo Emerson~Issue of 1940 Wikipediaより
~Ralph Waldo Emerson~Issue of 1940 Wikipediaより

LINEで送る