カーネル・サンダースの名言 Colonel Sanders

カーネル・サンダース(Colonel Sanders)Wikipediaより

いくつになったって、自分の人生をより価値あるものにするための努力をするべきだ。
何の問題も起こらない人生が、素晴らしい人生なわけがないのだから。

カーネル・サンダース Colonel Sanders

ケンタッキー・フライドチキン創業者 1890~1980


カーネル・サンダースさんは40才のときにガソリンスタンドの一角を借りて、6席だけでの小さなレストラン「サンダース・カフェ」をオープンしました。

しかし65才の時に経営難により店は閉店してしまい、ほとんどの資産を失ってしまいます。

でもここからカーネル・サンダースさんは、世界初の「フランチャイズビジネス」を生み出しました。

その方法は、ワゴン車でフライドチキン片手に片っ端から色々な会社を回り、
「フライドチキンの調理法を教えるから、かわりに売り上げの一部をくれ。」
という「フランチャイズ」の原型と呼べるもので、1009社もの会社に断られ、なんと1010社目で契約をとり、ここから「ケンタッキー・フライドチキン」の偉大な歴史が始まりました。

こういう逸話のあるカーネル・サンダースさんです。

生きていれば色んなことがあります。
夢にチャレンジしていれば、さらに大きなうねりのように本当に色んなことが起こります。

何事もなく過ごすことは出来ませんね。
心情的にはいいことだけ起こって欲しい。
しかし、起こることに良いも悪いもないんですね。

人間は、嬉しいこと、楽しいことが、良いこと。
悲しいこと、辛いことが、悪いこと。というように分けたがりますね。

そしてその悪いことが起こるとすぐに立ち止まってしまいます。
やるべきことや夢を諦めてしまいます。

または悪いことが起こることを怖れて、チャレンジすらしないこともあります。

悪いことに心を乱されず、怖れを抱かないようになれたらいいですね。

これにはやはり、起こることには良し悪しはなく、すべて必然、必要、ベストなことだということを心底理解しておく必要があります。

すべての人には必ず天命があります。
そして運命によってそこに導かれます。

天命とは、まさに生まれてきてあなたが果たすべき使命のことですが、あなたの天才で誰かを生かす、誰かに幸せを届けることと言ってもいいでしょう。

これは自然の営みを見ればわかります。

花はその美しい姿を「どう、私は綺麗でしょ!」って自己陶酔で見せびらかすために美しいわけではありませんね。

その美しさと、かぐわしい香りで虫たちに来てもらって、実を付けるために最高の美しさ、自分の天才を精一杯表現しているだけです。

すべては自然の循環のためです。
葉も枝も、幹も根も。
自分の天才を最高に発揮するのは、次の誰かの、循環のためです。

こう考えてみれば人間の天命も見えてくるでしょう。

そして運命とは、人や出来事との出逢いによって、その天命を果たすために起こることです。

もし根が花になりたいと思っても、天才が違いますから無理ですね。

まあ自然は当然のことのように、この自然の摂理を知っていますから、そんなバカなことはしませんが、仮にそんなことをしたら、途端に起こることで修正が入ります。

運命とは、あなたのやるべきことを教えるために起こることです。
日常起こることはすべて運命です。

この天命、運命を理解できれば、あなたの前にどんなことが起ころうと諦めることもなければ、怖れることも、慌てふためくこともありませんね。

良いも悪いもないんですから。
あえて言えば、良いことだけですね。

泰然自若として、その意味を感じればいいだけです。

この何が起こっても明鏡止水の心境でいられることは、そんなに難しいことではありません。

心の置き方ひとつです。

まさにこの言葉の通りです。
何も起こらないことの方が危険な状況ですね。

立ち止まっていたり、諦めたりしたらあなたが残念なだけでなく、あなたの天才によって生かされるはずだった、すべての人に影響を与えることになりますよ。

これは人類の進歩にも関わる問題ですね。

(浜本哲治)

現在のコービンの「サンダース・カフェ」Wikipediaより
現在のコービンの「サンダース・カフェ」Wikipediaより

LINEで送る