坂田 三吉の名言 Sankichi Sakata

坂田 三吉(Sankichi Sakata)Wikipediaより

あんた、そこから見て浪速区と北区の火事がいっぺんに見えまへんやろ。
ワテは五重の塔の上に立っとるから大阪中の火事がみな見える。その違いや。

坂田 三吉 Sankichi Sakata

明治から昭和初期にかけて活動した将棋棋士 1870〜1946


この言葉は大局観について語った言葉のようです。

物事を、また今の状況を常に俯瞰してみることはとても大切なことですね。

これができないと視界の及ぶ範囲と過去だけに頼ってしまいますから、例えば能力などのレベルはどんどん後退していきます。

何か目指すものがあっても、どんどん遠ざかっていくような感覚になってしまうかもしれませんね。

今の自分の視野を広げる、俯瞰できるような高みに置くためには、夢を明確、鮮明に持つことが何よりも大切なことでしょう。

夢が実現することは、今の自分にはできないことを実現できる自分をイメージすることです。

今はできないことができる自分が見えているものが何かを感じることもできるようになります。

もちろん広い視野を持つことができれば、
より多くの可能性を見つけることもできますね。

同じ能力であっても、どれだけ高いところから現状、未来を見ることができるかで大きな違いが出てきます。

そして俯瞰力を高めていくことは、筋力をトレーニングで高めていくのと同じように、やるかやらないかだけのことで誰にでも高められる能力です。

ぜひあなたの素晴らしい才能には大局観、俯瞰力を授けてあげてください。

その能力のアップとともに才能にも磨きがかかっていくことになりますよ。

これまでに紹介した坂田三吉さんの言葉です。

(浜本哲治)

LINEで送る