チャールズ・ダーウィンの名言 Charles Robert Darwin

チャールズ・ダーウィン(Charles Robert Darwin)Wikipediaより

最も強い者が生き残るのではなく、最も賢い者が生き延びるのでもない。
唯一生き残ることが出来るのは、変化できる者である。

チャールズ・ダーウィン Charles Robert Darwin

イギリスの自然科学者 地質学者 生物学者 1809〜1882


自然界の真理ですね。

人間は、ゴールを目指しそこにたどり着けば永遠が保証されるような境地があるかもしれないという、幻想を抱いている節があります。

また完成があるのではないかという、いたって不自然な思考もありますね。

自然界は常に変化、進化し続けています。
同じような季節を繰り返しているようですが、決して同じものは一度としてありません。

円運動のように見えますが、円ではなくスパイラル状に、自然界では寿命が続く限り、永遠に続く一本道を進むことになります。

人間だけでなく、自然界のすべての存在が変化、進化し続けていますから、人間を取り巻く環境は止まることなく常に変化し続けています。

そんな中で立ち止まってしまうこと、変化することを嫌ったり止めたりすることは淘汰されることになってしまいます。

自分の周りは変化していないように考えていたり、仮に人間界が進化していなかったとしても、自然界全体では常に変化、進化していますから、気づいた時には取り残されるという、よくある現象で淘汰されてしまうことになります。

変化し続けることは、人間の身体のメカニズムを見てもごくごく自然なことです。

人間はそれを思考や思考の産物の感情で嫌がったり、怖れたりしてしまいます。

思考を手放してみると、心は意外と変化を心地よく感じるものかもしれません。

自然界の変化に追随していくには、できるだけ思考を手放すことが大切ですね。

完成のない自然界では無限の可能性がありますから、枠を設けてしまうことで働くことの多い思考では、小さな範囲での限界を感じてしまいます。

これはとてももったいないことですね。

思考を超越して、思感で淘汰を超えた領域を目指してチャレンジしていってください。

チャールズ・ダーウィンさんのこんな言葉もありました。

1時間を無駄に過ごすような人間は、まだ人生の貴重さを発見していない。


原因を探求し続ける力が、人を発見者にする。


死ぬことは少しも怖くない。


これまでに紹介したチャールズ・ダーウィンさんの言葉です。

(浜本哲治)

7歳のチャールズ・ダーウィン。母が死去する一年前。Wikipediaより
7歳のチャールズ・ダーウィン。母が死去する一年前。Wikipediaより

LINEで送る