デレク・ジーターの名言 Derek Sanderson Jeter

デレク・ジーター(Derek Sanderson Jeter)Wikipediaより

あなたより才能のある人はいるだろう。
でも、あなた以上に努力する人がいたら、
そこに弁解の余地はない。
私の信念はそこにある。

デレク・ジーター Derek Sanderson Jeter

米国の元プロ野球選手(遊撃手)1974〜


チャレンジした結果の違いを、
簡単に、能力の違いにしてしまうことが多くあります。

ただ、能力差を超える、
ひとつひとつの積み重ねの差の方が、
遥かに大きいことを認識した方がいいですね。

その真の差を感じるほどに、
能力差は、それほど大きなものではないことを、
実感することになるでしょう。

ジーターさんの、こんな言葉もありました。

この20年間、
私は常に2つのことだけに集中してきた。
自分のベストを尽くすこと、
そしてヤンキースの勝利に貢献すること。
それはつまり、1年間の365日、
その目標にのみ向かって
あらゆることを考え
行動を起こしてきたということだ。
そして今、新しい何かを求めるときがきた。


常に自分自身に言い聞かせてきたことがある。
野球を仕事と感じはじめたとき、
それは新しい一歩を踏み出すときである、と。

トップアスリートの世界でさえ、
チャレンジしていくことより、
他のことを楽しみにする傾向はあって、
これでは、なかなか事の成就は実現していかないでしょう。

夢のチャレンジは、何よりも大切にすること、
他の何よりも愉しめることになっていくことで、
実現に向けて、近づいていくことになります。

一流の人たちの中でも、
差が出てくるのは、そこですね。

1年365日24時間、そのことだけを考えていたいこと、
そして、実際に考え感じていることに、
チャレンジできていますか?

チャレンジしていることを、
プロフェッショナルとしての
仕事という捉え方はいいかもしれませんが、
義務感からくる、仕事と考え、感じているとすると、
なかなか思うような結果は出てこないでしょう。

思い続けること、やり続けることが、
愛し続けることが、
重要な才能であり、何よりも大きな財産です。

あなたの素晴らしい天賦の才に、
積み重ねていく才能を乗せて、
より高みへと到達していってください。

ジーターさんの、言葉です。

偉大な選手たちの記録を抜くのは
とても名誉なことだが、
自分が選手として最も大切にしているのは、
与えられた役割を果たし、
チームの勝利に貢献すること。
それに勝るものはない。
記録はあくまでも結果に過ぎない。


良いプレーは伝染する。


(浜本哲治)


JETER 素顔のThe Captain