千利休の名言 Senno Rikyu

千利休(Senno Rikyu)Wikipediaより

稽古とは 一より習ひ 十を知り
十よりかへる もとのその一

千利休 Senno Rikyu

安土桃山時代の茶人 1522~1591


稽古、トレーニングは、繰り返し追求していくものですが。

単に同じことを繰り返しているだけでは、もちろん、進化はありません。

また、単に付け加えて、重ねるだけでも、なかなか真の成長、進化は実現していきません。

常に基本、根源を見直し、洗練させていく方向に、探求を進めていくことですね。

始めの一は、十に到達した段階で、改めて見直すと、新たな発見もあります。

そして、真の進化は、一から加えていくところより、一をさらに、根源、本質に向けて、掘り下げていくところにあります。

自然界の中での、人間界の流れは、まだまだ、脚色していく方向に、多くが向かっています。

これが、洗練させる方向、シンプルな本質、根源に向かうことが、多くの人ができるようになっていけば、人間界の進化も実現していくでしょう。

自然界の大先輩である植物たちは、どこまでも洗練させる方向に進み、感動的な美しさ、しなやかさを実現しています。

ぜひ、この追求していく方向の違いに気づいてください。

人間界の流れは、決して、自然界のルールに沿った方向になっていません。

その中で、流れに身を任せてしまことは、どんどん不自然なストレスを溜め込み、苦悩の色を濃くしていくだけですね。

あなたの素晴らしい才能には、その飛躍的な進化のためにも、人間界のローカルルールより、自然界の基本ルールに沿わせるように、根源、本質に向けて、探求するチャレンジを、授けてあげてください。

この違いは、大きな差になって現れてきますよ。

千利休さんの、こんな言葉もありました。

まず炭火はお湯の沸く程度にしなさい。
お湯は飲みやすいように熱からず、ぬるからず、夏は涼しげに、冬はいかにも暖かく、花は野の花のごとく生け、刻限は早め、早めにして、雨降らずとも雨具の用意をし、お客の心を心とするのです。
(茶の極意を聞かれて)


当たり前のことが、いつでもどこでもできるならば、私があなた方の弟子になりましょう。


これまでに紹介した、千利休さんの言葉です。

(浜本哲治)

利休居士四百年記念碑 (九州大学馬出地区内)Wikipediaより
利休居士四百年記念碑 (九州大学馬出地区内)Wikipediaより

LINEで送る