土光 敏夫の名言 Toshio Doko

土光 敏夫(Toshio Doko)Wikipediaより

ルールをルールとして重んずるためには、生きたルール、守るに値するルールでなければならない。

土光 敏夫 Toshio Doko

昭和の実業家 第4代経団連会長 石川島播磨重工業元社長 1896~1988


人間界では、やたらとルールを創って縛り付けていますが、これはどんどん人間の可能性を狭めている行為でしょう。

そしてそのルールが機能しているかどうかより、その人間界のローカルルールを盲目的に守ることが重要なことだと、本末転倒も甚だしい状況にさえなっています。

縛られることで安心してしまうのでしょうか。

この不自然な状況では、せっかくの創造力が発揮しづらくなってしまうでしょう。

元来、自然界の中で自然に戻っていくためには、沿い、近づいていくためには、ローカルルールはなくしていく方向が最も有効な手段になります。

いまだかつて人間界では、その方向に向かったことはないですね。

この部分が人間界の真の進化に向けての分水嶺になるかもしれません。

まずは、ルールも常に変化し続ける自然界では、変化させ続けることが必要なことを認識していってください。

そして、ルールをどんどん手放していく方向に向かわせるためにも、ルールを破るのではなく、ルールを超えていく創造にチャレンジしていってください。

そこにこそ、飛躍や進化のチャンスがあると心得ておいてください。

常識が変わっていけば、ルールも当然変わらざるを得なくなります。

ありとあらゆる分野に複雑怪奇なルールが存在しますが、ぜひそれを超えていける才能、能力、愛にしていってください。

土光敏夫さんの、こんな言葉もありました。

トップは百パーセント職責権限を委譲し、しかもトップに百パーセント職責権限が残る。


60点主義で即決せよ。
決断はタイムリーになせ。
決めるべきときに決めぬのは度しがたい失敗だ。


意思決定は最後には勇気の問題に帰着する。
幹部は勇気をもて。
意思決定は多数決ではない。
多数の意見は聞くが、決めるのは一人である。
ドラッカーは『勇者は一度しか死なないが、臆病者は千回も見苦しい死をとげる』といっている。


これまでに紹介した、土光 敏夫さんの言葉です。

(浜本哲治)

LINEで送る