プラトンの名言 Plato

プラトン(Plato)Wikipediaより

年もたち、時が流れ、君の意見の多くが、その逆になることもあるのだよ。

プラトン Plato

古代ギリシャの哲学者 紀元前427~347


今の常識でも10年後、100年後には非常識であることはたくさんあるでしょう。

本質の部分でない表面的なことはどんどん変わっていきます。

これはこれまでの歴史も物語っていますね。

また自分の中でも、一昔前と全く違うことを言っていたり、行動していることはあるでしょう。

そのことを踏まえた上で大切なことは、今や過去にできるだけ囚われないこと、拘らないことです。

決めつけなどはどんどん可能性を狭めてしまいます。

過去に上手くいかなかったことが未来には上手くいくようになることもあるでしょう。

あらゆる可能性を排除しないことが大切です。

そして本質に向けての探求を、どんな才能、能力、愛であってもしていくことです。
本質に近づいたものは簡単に泡沫に帰することはないでしょう。

自然界の本質は何かを常に意識して、その方向に向けて磨き込んでください。
才能、能力も飛躍的に向上していく可能性がどんどん広がっていきますよ。

プラトンさんのこんな言葉もありました。

愛のない選択は、決して良い結果にはなりません。


これまでに紹介したプラトンさんの言葉です。

(浜本哲治)

スウェーデンの画家CarlJohanWahlbomによる絵画の後に描いた彼のアカデミーのプラトン Wikipediaより
スウェーデンの画家CarlJohanWahlbomによる絵画の後に描いた彼のアカデミーのプラトン Wikipediaより

LINEで送る