永井 荷風の名言 Kafu Nagai

永井 荷風(Kafu Nagai)Wikipediaより

ぼくは自分のやりたいことはドンドンやって楽しむ。
楽しんだことは後で後悔しない。

永井 荷風 Kafu Nagai

小説家 1879〜1959


自然界ではどんなことをしても、それはすべてやったなりの結果を受け取ることになります。

楽しんでも、苦しんでも、発したエネルギーに応じた結果が必ず出てきます。

自然界の人生を最高に愉しんでいくには、自然界の道理を理解して、その真理、原理原則に沿ってチャレンジしていくことです。

大切なことは、人間界の常識や普通などに囚われるのではなく、自然界の自然に沿っていくことです。

これが実践できるようになれば、後悔するようなチャレンジにはなっていきません。

もちろん、全ては自分に跳ね返ってくることですから、自分自身で引き受けていくしかありません。

楽しんでも楽しまなくても、意図した結果が訪れても訪れなくても、誰かに依存した人生にしてもしなくても、全ては自分が判断、決断してやることですから、自己責任として結果を引き受けるしかありません。

この結果を、誰かの言う通りにしたのだからと責任をなすりつけても、意味のあることではありませんね。

自分自身の人生は、誰にも代わってもらえません。

自分自身の人生ですから、自分で創っていくことです。
自分で創造する人生には、後悔などの入り込む余地はないでしょう。

人生も才能も愛も、自分のものにしてこそ輝ける価値が出てきますね。

永井荷風さんの、こんな言葉もありました。

自覚さえすればどんな生活にだって深い意味が出来る。


人間の最大不幸は、其の成功を意識した瞬間から始まる。


これまでに紹介した、永井荷風さんの言葉です。

(浜本哲治)

右より威三郎、貞二郎、久一郎、荷風 (1902年9月、大久保余丁町永井邸にて)Wikipediaより
右より威三郎、貞二郎、久一郎、荷風 (1902年9月、大久保余丁町永井邸にて)Wikipediaより

LINEで送る