アン・サリヴァンの名言 Anne Sullivan

アン・サリヴァン(Anne Sullivan)Wikipediaより

失敗したら初めからやり直せばいいの。
そのたびにあなたは強くなれるのだから。

アン・サリヴァン Anne Sullivan

ヘレン・ケラーの家庭教師 1866〜1936


アン・サリヴァンさんのこんな名言もありました。

喜びは、自分を忘れる事にあるのよ。

アン・サリヴァンの名言


人の唇から漏れる微笑みを、自分の幸せと感じられる人間に私はなりたい。

アン・サリヴァンの名言


全力を尽くし、結果を待つ。

アン・サリヴァンの名言


人間は、どうしても環境や状況のせいにしがちです。

まずは、自分にコントロールできないことに、意識を向けることを、手放していくことですね。

誰かを変えようとしても至難の技です。

それよりも、自分が変わることで、気づきを届けることができて、結果として誰かも変わり、進化できることは、本当に多いものですね。

子どもに対しては、これがいちばんでしょう。

たとえ自分の子どもでも、言葉などで変えようとするのは、不自然ですし、大きな無理がありますね。

人間は誰しも、自分で気づかない限り、自分を変えようとはしません。

自分にコントロールできないことから、意識を手放して、ひたすら自分自身を、コントロールし進化させようとしていくと、それは、自分次第でどうにでもなることですから、そのチャレンジは愉しくなっていきます。

もちろん、習慣に大きく支配されている人間ですから、一朝一夕に進化、変化は実現しませんが、他の何ものにも委ねることなく、自分次第のことですから、変えられないと不自然な大きなストレスを、抱えることもないでしょう。

そして、自然界の真の夢、目指すものである、大切な誰かの幸せのためにチャレンジしていくことを、その実践にしていけば、人生は途端に輝きを増していきます。

大切な誰かのために、自分が進化していけることが、自分自身も大切な人にも、最高の幸せを届けられることになりますね。

他にもアン・サリヴァンさんのこんな名言がありました。

今彼女は私がキスするのをすなおに受け入れています。
そしてとくに穏やかな気分の時には1、2分間私の膝に座ろうとします。

アン・サリヴァンの名言


ヘレンは落ち着いた幸せそうな表情で、鉤針を使ってスコットランド産の赤い毛糸で鎖編みをしながら、こうして手紙を書いている私の傍らに座っています。
彼女は今週編み物を習い覚え、その成果をとても誇りにしています。

アン・サリヴァンの名言


雲に触ることは出来ないでしょう?
それでも雨が降ってくるのはわかるし、暑い日には花も乾いた大地も雨を喜んでいるのがわかるでしょう?
愛もそれと同じなの。
愛も手で触れることは出来ないけれど、愛が注がれる時の優しさは感じることが出来るでしょう?
愛があるから喜びも湧いてくるし、遊びたい気持ちも起きるのよ。

アン・サリヴァンの名言


大きな一歩、重要な一歩が踏み出されたのです。
あの小さな無作法者は、従順さについての最初の授業を習い終えました。

アン・サリヴァンの名言


どんなささやかな成功も、他人の目には触れない挫折や苦難の道を、経ているものなの。

アン・サリヴァンの名言


知識は愛であり光であり、未来を見通す力なのだ。

アン・サリヴァンの名言


これまでに紹介したアン・サリヴァンさんの名言です。

(浜本哲治)

LINEで送る