アベベ・ビキラの名言 Abebe Bikila

アベベ・ビキラ(Abebe Bikila)Wikipediaより

暑さ寒さ。
風にしても誰にも吹くものだ。
強い者は強い。
だから、運も不運もない。

アベベ・ビキラ Abebe Bikila

エチオピア出身の陸上競技(長距離走)選手 オリンピックのマラソン種目で史上初の2大会連続優勝 1932〜1973


ビキラさんの、こんな言葉もありました。

敵は67人のランナーでなく、私自信。
その戦いに勝った。


マラソン・レースは、自分自身との戦いで、
自分という最強に打ち勝たなければ優勝することはできない。


私は人を意識せず、人が私を意識した。
だから、私は一人で走った。
あと20キロは同じペースで走れただろう。


環境や状況、誰かのせいにしている限り、
夢が実現に近づいていくことはないでしょう。

自然界の人生は、
どこまでも自分自身との対峙です。

環境や状況のせいにしてしまう、
自分自身との向き合って、
環境や状況に向いている意識を、
自分の内に向けられるか。

誰かと競おうとしている自分自身を、
自分を超えるチャレンジをすることに、
意識を向けられるかどうか。

これも、自分自身との対峙ですね。

誰かと比べよう、競おうとした瞬間に、
人間の心身は、最高のパフォーマンスを引き出せる状態とは、
ほど遠いものになってしまいます、

そしてチャレンジではなく、無理をしてしまって、
自滅していくのが多くの場合ですね。

たとえ大きな実力差があっても、
この意識がどこに向けられているかで、
それは簡単に逆転してしまうこともあります。

どんな環境や状況においても、
ひたすら、自分と向き合っていくこと、
自分を超える「チャレンジ」をしていくこと。

このベクトルを向ける先、
そして、静かにリラックスしていくことを、
自分の中で勝ち取っていくことです。

それでこそ、あなたの持てる力が、
存分に発揮されてきます。

これまでに紹介した、ビキラさんの言葉です。


(浜本哲治)

1960年のローマオリンピックにおいてWikipediaより
1960年のローマオリンピックにおいてWikipediaより