ウォルフガング・アマデウス・モーツァルトの名言 Wolfgang Amadeus Mozart

ウォルフガング・アマデウス・モーツァルト(Wolfgang Amadeus Mozart)Wikipediaより

夢を持つことです。
ただし、多く持ちすぎてはいけません。

ウォルフガング・アマデウス・モーツァルト Wolfgang Amadeus Mozart

オーストリアの作曲家 1756~1791


モーツァルトさんのこんな言葉もありました。

夢を見るから、人生は輝く。


他人の賞賛や非難など一切気にしない。
自分自身の感性に従うのみだ。


私達の財産、それは私達の頭の中にあります。


自然界の存在には、目指すものが必要不可欠なものです。
それがなければ成長も進化もできません。

ただ、自然界で本来持つべき夢や目指すものでなければ、なかなか実現が困難になりますし、不自然なストレスを多く感じることにもなります。

そして一度にあれもこれもと目指しても、身体はひとつしかありませんし、一度にひとつのことにしか思考や意識は向けられませんから、ひとつひとつ目指していくことです。

たくさん目指すものがあるのは良いことですが、それを時間的な奥行きを持たせて、ひとつずつ実現していくことですね。

また実現していくために必要な全てのものは自分の中にあります。

これも外にあると考えていくと、とても不自然なストレスの多い人生になってしまいます。

ひたすら自分の内と向き合っていくことです。
それが外にも大きな影響を与えていきます。

感じるものを何よりも大切にしてください。
それは、今の人間界の現状からはかけ離れたことかもしれませんが、何かを感じた心の声を、人間界のローカルルールで縛りつけないでください。

人間が決めたローカルルールは、超えていくためにあるようなものです。

その超えていくことこそが、自然界の人生の最大の醍醐味になるでしょう。

これまでに紹介したモーツァルトさんの言葉です。

(浜本哲治)

ヨーゼフ・ランゲ作『鍵盤に手を置くモーツァルト』妻・コンスタンツェいわく「モーツァルトにもっともよく似た肖像画 Wikipediaより
ヨーゼフ・ランゲ作『鍵盤に手を置くモーツァルト』妻・コンスタンツェいわく「モーツァルトにもっともよく似た肖像画 Wikipediaより

LINEで送る