ヴィクトール・フランクルの名言 Viktor Frankl

ヴィクトール・フランクル(Viktor Frankl)Wikipediaより

祝福しなさい、その運命を。
信じなさい、その意味を。

ヴィクトール・フランクル Viktor Frankl

オーストリアの精神科医・心理学者 1905~1997


ヴィクトール・フランクルさんのこんな言葉もありました。

そもそも、我々が人生の意味を問うてはいけません。
我々は人生に問われている立場であり、我々が人生の答えを出さなければならないのです。


自然界では意味のないこと、必然性、必要性のないことは起こりません。

全ては原因があって結果があります。

そして全ての現象はエネルギーに共鳴して起こりますから、その現象が目の前で起こるということは、自らの中から放たれたエネルギーが原因になっているということです。

これらの原理を理解、体得していくことはとても大切なことです。

また、自然界は常に進化していく方向に進んでいます。

この中で逆行したり、立ち止まってしまうと、とても不自然なストレスの多い日々になってしまいます。

ちょうど川の流れの中にいるような状態ですね。

どんな現象に遭遇しても、それは重要な意味と大きな価値のあることだと真に理解できていけば、そこから何を成すべきかが見えてくるでしょう。

遭遇する現象の真意を感じられますからね。

すぐにはその意味も価値も真意もわからないこともあります。

でも自然界では無駄なことは起こらないことを理解して、次なる道を見つけていこうとチャレンジしていれば、やがてはその真意もわかってきます。

ぜひ自然界の大切な原理原則、真理を理解して、遭遇する全ての現象を祝福して未来に生かしていってください。

ヴィクトール・フランクルさんのこんな言葉もありました。

最期の瞬間までだれも奪うことのできない人間の精神的自由は、彼が最期の息をひきとるまで、その生を意味深いものにした。


自分を忘れたとき、本当の自分を発見する。
本当の自分を表現するとき、自分はいなくなる。


いくらすばらしい技術があっても人は癒せない。
人間的な触れ合いと愛の交流がなければ。


これまでに紹介したヴィクトール・フランクルさんの言葉です。

(浜本哲治)

LINEで送る