ヴィクトール・フランクルの名言 Viktor Frankl

ヴィクトール・フランクル(Viktor Frankl)Wikipediaより

苦しみが偽りの自分や幸福を壊したあと、愛が本当の自分と幸福をうち建てる。

ヴィクトール・フランクル Viktor Frankl

オーストリアの精神科医・心理学者 1905~1997


逆境は時間とともに堆積してきた埃などを、振り払ってくれるものだと考えてもいいでしょう。

そういう意味でも逆境は、良くない現象ではなく、起こるべくして起こったベストな現象と言ってもいいでしょう。

堆積した埃が多くなればなるほど、真の自分も見えにくくなってきます。
しかし埃が積もっていくことは自然界では自然なことなので、気づいたら自分自身でも払っておくといいですね。

自分の心に忠実に、常にシンプルに、自然界で目指すべき真の夢にチャレンジしていくことです。
真の夢の実現は、まさに愛そのものです。
真の夢が、大切な存在の幸せを実現していくことですから、これは愛がなければ出来ないことです。

どうぞ抱えきれないほどに両手いっぱいに、いろんなものを抱え込むことなく、心身ともにできるだけ身軽にシンプルに、真の夢にチャレンジしていく日々にしていってください。

そうしていくことで、常に愛と幸福の溢れた自然界での人生になっていきますよ。

ヴィクトール・フランクルさんのこんな言葉もありました。

人生は結果の責任まで人間に要求したりしない。


小さなことが気になるのは
「自分は神のように完全であるべきだ」と思いこんでいるからだ。


深刻な時ほど笑いが必要だ。
ユーモアの題材を探し出せ。
そこに現状打破の突破口がある。


これまでに紹介したヴィクトール・フランクルさんの言葉です。

(浜本哲治)

LINEで送る