西田 幾多郎の名言 Kitaro Nishida

西田 幾多郎(Kitaro Nishida)Wikipediaより

物を知るには、これを愛さねばならず、物を愛すには、これを知らねばならない。

西田 幾多郎 Kitaro Nishida

哲学者 京都大学名誉教授 1870~1945


西田幾多郎さんの、こんな言葉もありました。

愛とは、知の極点である。


深く愛していくこと、深く探求していくこと。

この循環、スパイラルで自然界の探索が進んでいきます。

これなしには深い追求はできないでしょう。

やるべきことを愛せていなければ、それを深く理解できることはないでしょう。

愛しているものを深く探求していかなければ、当然本質に近づく理解も進みません。

愛することと知ることは、どちらが先でも構わないでしょうが、このスパイラルで深く深く無限にある領域を探索していくことです。

これは自然界のあらゆること、日常全てに言えることですね。

ぜひあなたの素晴らしい夢や才能を、深く愛し深く理解していって、表面的ではなく深い深い探求を進めてください。

探求が深まるほどに充実感、幸福感も高まっていきますね。

これまでに紹介した、西田幾多郎さんの言葉です。

(浜本哲治)

LINEで送る