ヴィダル・サスーンの名言 Vidal Sassoon

ヴィダル・サスーン(Vidal Sassoon)Wikipediaより

つまり自分たちが何を達成したいのか、なにをやりたいかはっきりしていたので、そのためには10年の歳月が必要でした。

ヴィダル・サスーン Vidal Sassoon

ヘアドレッサー 実業家 1928〜2012


目指すものが明確になっていて、揺るぎない想いを持ち続けていても、一流の入り口に立てるまでに10年という時間は必要でしょう。

達人の入り口に立てるには1万時間は必要だと言われています。

これは一心に打ち込む時間が1日10時間あったとして3年かかる時間です。

通常懸命にチャレンジしても、10時間一心不乱に打ち込むことは至難の技ですから。

やはり10年くらいの時間はかかってしまうでしょうね。

もちろん明確な目指す地点があってこそのことで、それがなくただ時間だけ費やしても、何も創造できないことは明白です。

また簡単に言えば、この1万時間を集中できた人が一流になっていけることにもなります。

多くの場合途中で諦めてしまう、やめてしまうことで事が成就しないことになっています。

人間は言い訳が上手いですからね。

ぜひあなたの素晴らしい才能のために、一心に集中する1万時間を授けてあげてください。

そのチャレンジには間違いなく能力は応えてくれますよ。

これまでに紹介したヴィダル・サスーンさんの言葉です。

(浜本哲治)

LINEで送る