相田 みつをの名言 Mitsuo Aida

相田 みつを(Mitsuo Aida)Wikipediaより

どうでもいいものは
どうでもいいんだよ
いちばん大事なことに
一番大事ないのちを
かけてゆくことだ

相田 みつを Mitsuo Aida

詩人 書家 1924〜1991


一日の時間を大切に過ごしているようでも、かなり無駄な時間を過ごしているのが人間でしょうね。

いちばん無駄な時間は、起こってしまったことや過去に心をいつまでも奪われて立ち止まっている時間でしょう。

これは本当にもったいないですから、3秒でクリアすることを目指してください。
まさにどうでもいいものの最たるものでしょう。

一日の時間を、すべてあなたが目指す夢に向けて使うことは可能です。
例えあなたの夢と直接的に関係のない仕事をしていたとしても充分可能なことです。

どんな仕事であっても、それを成功させるための真理や本質的なことは何ら変わりませんから、どんなことの中にも真理や本質を見つけだすことは出来ます。

また本来はあなたにしか出来ないことをやるべきで、誰にでも出来ることを楽だからとやってしまうことがありますが、これももったいないことです。

これを自覚してやっている場合は、その時間を有意義な時間に変えてしまうことが出来ますからまだいいのですが、自覚せずにやってしまって、さもやっているような気になってしまっていること。これは要注意です。

こういう無駄は、宝探しのようにどんどん見つけて削ぎ落した方がいいです。

どうしても、どうでもいいことに手足や時間を拘束されてしまうこともあります。
こういう時は、脳が空いていればイメージの時間に充てられますし、思考まで拘束される場合は夢の実現のための本質を学ぶ時間ですね。

こう考えていくと、どんな状況にあっても、あらゆる時間をあなたの夢の実現のための時間にしていけることになります。

何かをしているから出来ない。という言葉や考えが出てくるようでしたら、たぶん根本のあなたの夢の方に考え直す必要があるのかもしれません。

それからもうひとつ。
目指すもの、あなたの実現したい夢がいくつもあるとしたら、それは時間の奥行きを持たせて、今目指す夢はひとつにした方がいいですね。

並列していくつもの夢を実現しようと時間を使っていくことも、効率的な時間の使い方ではありません。

いずれにしても、時間=命です。
時間を使うことは、限りある命を賭けていると言うことです。

出来るだけ無駄を削ぎ落して、価値ある使い方をしていきたいですね。

お金は1円であってももったいないと思うのに、時間の1秒には無頓着な人は本当に多いものです。

時間は誰にでも平等に与えられた財産です。

同じようなことを同じようにしていて、差が生まれてくるのは能力の差ではありません。
そのことに向き合う心と時間の価値を感じて、どれだけ有効に使っているかでしょう。

どうでもいいことに貴重なあなたの生命、時間を浪費させることはやめましょう。

時間を命と感じて投資していけば、同じ一日、一瞬が別世界になっていきますね。

もちろん、どうしても実現したい夢があることが大前提です。

これまでに紹介した相田みつをさんの言葉です。

(浜本哲治)

LINEで送る