堀場 雅夫の名言 Masao Horiba

堀場 雅夫(Masao Horiba)Wikipediaより

まず自分が「おもしろい」と思えることを見つける。
そしてその分野で一流になるためにフルスロットルで走る。
そうすれば、世界の舞台で戦える。

堀場 雅夫 Masao Horiba

堀場製作所創業者 1924~2015


堀場 雅夫さんのこんな言葉もあります。

いちどフルスロットルで走ってみたらいい。
日本人は自己の実力を過小評価しがち。
「どうせできない」という意識がリミッターになっている。
それを外して、フルスロットルを踏んでみればいいんです。
自分が想像していた以上のスピードが出ますよ。


まずは好きなこと、面白いと感じられることを見つけ、チャレンジしていくことです。
嬉々としてできることでなければ長続きもしなければ、一人前にもプロにもなることはできないでしょう。

これを仕事にできている人は、それだけで幸せを感じているでしょう。
もちろん好きや面白いを仕事にしていたとしても、苦労すること、障害、挫折に遭遇することはありますが、それを乗り越えていくことも好きであれば圧倒的に可能性が大きくなります。

しかし好きや面白いではやっていけないと考えている人はとても多いですね。
こういう場合は、逆の発想に立ってみたら良いのかもしれません。
好きや面白いではないもので、何度も訪れる逆境を超えていくことができるか?

もっともっと自分自身の可能性を信じてあげてください。

そしてフルスロットルでチャレンジしていくこと。

これもブレーキを踏みながらアクセルを踏んでいるようなチャレンジになっている人が本当に多いですね。
こういうチャレンジの方がフルスロットルより疲れますし、もちろん実現にも時間がかかってしまいます。

何も考えずに全力疾走してみることです。
考えすぎるのでフルスロットルにできないのです。

自分自身の感性を信じて、思いっきり踏み込んでみてください。
その先にきっと素晴らしい景色が見えてきますよ。

堀場 雅夫さんのこんな言葉もありました。

いちどフルスロットルで走ってみたらいい。
日本人は自己の実力を過小評価しがち。


今までの延長線上ではなく、新たな価値を生み出して社会に貢献していかないと生き残れない。


自分が好きで得意なことだけをトコトンやれ。
イヤだと思うことは堂々とやめてええ。
さすれば人生、きっとうまくいくんですわ。


これまでに紹介した堀場 雅夫さんの言葉です。

(浜本哲治)

LINEで送る