堀場 雅夫の名言 Masao Horiba

堀場 雅夫(Masao Horiba)Wikipediaより

イヤならやめろ!
本当にイヤと思うほどそれをやってみたかと。
真剣にその仕事をやって、どうしても自分が向かない、こんなことで人生を過ごすのはもったいないと思ったときは、思い切ってパッとやめなさい。

堀場 雅夫 Masao Horiba

堀場製作所創業者 1924~2015


始めることにも躊躇の多い人間ですが、やめる勇気を持てなくて才能や可能性、チャンスを潰してしまっているのも人間ですね。

もちろんとことんやってみることなく、飽きたからとか、ちょっと嫌なことがあってなんてのは論外の話ですが、自分らしく人生を生きていきたいと懸命に生きて考えている場合に、例えば今の仕事をやめたらどうなるのだろうなどなどに囚われてこの決断が出来ないとすると、まず人生を変えることは難しいでしょう。

もちろん何かをやりながらでも出来ることはあるでしょうから、試行錯誤、あらゆるチャレンジをしてみて、それからの決断にはなるでしょうが、もしかしたら始める時よりは何かをやめる時の方が決断力は必要かもしれませんね。

またすでに夢に懸命にチャレンジをしていて少し花を咲かせてきたかなという段階になってくると、せっかくここまでやったのだから、今までこれだけの成果を出してきたのだからと色んな思い入れのあるものが堆積してきますが、あれやこれやに力が分散してくると決まって夢に向かう推進力が低下してきます。

勇敢にチャレンジしている人ほど陥ってしまう局面ですね。

何かを始めると、その過程で枝葉末節なものが増えてくるものです。
可能性を広げるために色んなことにチャレンジすることはとても大切なことですが、一旦広げたものを定期的に見直して、本質から外れるものは英断して常にシェイプアップ、力の分散を防ぐ必要があります。

組織にしても個人にしてもエネルギーの分散ほど損失の大きいものはありません。

イヤなことはもちろんのこと、必要ないと感じたことをパッと止められる決断力、これも本当に大切なことですね。

やめられずに停滞してしまっていることは本当に多いですよ。

自然の木々や草花が、いつまでも咲かせた花にこだわっていたら次には進めませんね。

自然の見事なまでの潔さ、これも人間は見習うべきでしょうね。

これまでに紹介した堀場雅夫さんの言葉です。

(浜本哲治)

LINEで送る