堀場 雅夫の名言 Masao Horiba

堀場 雅夫(Masao Horiba)Wikipediaより

神は二物を与えずと言っているが、その裏には、神は必ず一物は与えている。
その自分の一物をいかんなく発揮できるようにすれば、必ずオンリーワン、ナンバーワンになれる。

堀場 雅夫 Masao Horiba

堀場製作所創業者 1924~2015


誰にでも生まれながらに与えられた天賦の才があります。
それは生まれ育つ環境も含めてでしょう。

その天賦の才、天才にどの段階で気づくか。

当初から発露している天才、環境を糧にして発現してしてるくる天才、その発露の仕方には様々あります。

そしてその天才の使い方、活かし方にもそれぞれの特徴がありますね。

天才をそのまま天職とする方法、組織の中で発揮される天才。

いずれにしてもまずはあなたの天才が何であるか、これは出来るだけ早いタイミングで感じ、発見し磨きにかかることです。

また天才の発見に、磨きにかかる年齢に遅すぎるということはありません。
いくつになって発露しても、そのタイミングが最適の天才なんです。

もちろん大半の人間が天才を発揮することなく、研ぎ澄ますことなく人生を終えていると言われていることからも、自分らしい人生を送りたいと探し求め、追求していかなければ天才は見いだされることも磨かれることもありませんね。

発見できた天才は、それを極めようとしていくことで必ずナンバーワン、オンリーワンになれます。

逆にナンバーワン、オンリーワンを目指すことなく、その天才が磨かれることはありません。

どんな小さなことでもいいんです。
あなたにしか出来ないことを、ものを創り上げればいいんです。

小さなあなただけのものが出来れば、そこから無限に夢が広がっていきます。

あなたが今チャレンジしていることは何を目指していますか?
それはあなたの得意なこと、あなたの天才を活かせていますか?
そしてナンバーワン、オンリーワンを目指していますか?

一度しかない人生、どんな過ごし方をしても同じ時間を過ごしていくことになります。

どうせ過ごす一生ですから、生きるための人生ではなく、あなただけの人生を生きた方が数百倍楽しい人生になりますよ。

Challenge! No.1, Only One!

堀場 雅夫さんのこんな言葉もありました。

日本の技術力が低下していると懸念する声がありますが、私は悲観していません。
日本人は凝り性で、やりだしたら止まらない。
なぜ、世界で日本製品が売れるかわかりますか?信頼性があるからです。
これは何ものにも替えがたいこの国の武器です。


自分の信念に基づき、本物の技術さえ磨き続けていれば、いつかは必要とされます。
技術屋の商売とはそんなものです。重要なのは正しい信念。


論理的に正しく、企業哲学に合致し、商売になる。
この三条件を満たしているなら、たとえ上司が反対しても突き進むべきだ。


これまでに紹介した堀場 雅夫さんの言葉です。

(浜本哲治)

LINEで送る