加藤 諦三の名言 Taizo Kato

加藤 諦三(Taizo Kato)Amazonより

相手に多くを求めない。
相手を自由にすること。
それが関係を続けることです。

加藤 諦三 Taizo Kato

社会学者 著述家 1938~


これはあらゆる関係に言えることでしょう。
特に未来を託す子供たち、後輩たちにはとても大切なことですね。

特に過去の経験を押し付けていくことは、自分自身にも押し付けた相手にも可能性を狭めてしまうだけです。

無限の可能性のある自然界では、過去の経験は未知の未来を切り拓いていくための知識の一部であって、未知の可能性を手に入れていく邪魔をさせてはいけません。

経験より感性を優先させることです。
そして特に若い世代の感性を大切に育んであげることです。
これが人間界の明るい未来を創造することになっていくでしょう。

もっともっと自由に発想させることです。
できるだけ縛りを設けないことです。
もちろん未来を託す世代に、自己満足のための自分自身への見返りなど求めないことです。

どうも人生後半に差し掛かってくる年代になると、自分の価値観を押し付けたり、自由を奪い束縛したりすることが多くなっています。

これでは人間界の明るい未来は創造できません。

どうぞ無限の可能性のある自然界で、それを活かせないあらゆる束縛を手放してください。
その一歩が人間界の進化の可能性を広げていきます。

これは自然界との付き合い方にも言えることですから、心しておいてください。

加藤 諦三さんのこんな言葉もありました。

人は他人の言葉では傷つきません。
自分で自分を傷つけているのです。


その人が具体的に何の役に立たなくても、その人がいる事自体意味があるという場合が多いです。


しがみついているものからちょっと手を離すと幸せになれます。


どうにもならなくなったときは、自分は今生きていること自体に価値があると信じること。


認める事ができない事を認める事。それで解決。


自分の心に正直に、ほとんどのことはそれで解決します。


自分の子供を誇りに思うこと。
子供はこれで成長していきます。


苦悩すること。それを乗り越えること。それが生きることです。


これまでに紹介した加藤 諦三さんの言葉です。

(浜本哲治)

LINEで送る