アルトゥル・ショーペンハウアーの名言 Arthur Schopenhauer

アルトゥル・ショーペンハウアー(Arthur Schopenhauer)Wikipediaより

才人は、誰も射ることのできない的を射る。
天才は、誰にも見えない的を射る。

アルトゥル・ショーペンハウアー Arthur Schopenhauer

ドイツの哲学者 作家 1788~1860


誰にでも与えられた、天賦の才は、
もちろん、磨き込まなければ、
それが輝きだすことも、
誰かに感動と幸せを届けて、
その天才で生きていくことは出来ません。

しかし、磨き込んでいけば、
どの才能よりも、輝きを増すこと、
誰かの役に立つレベルには、
いち早く到達することが出来ます。

さらに、知識や経験を積み重ね、
テクニックに磨きをかけて、
誰にも真似出来ないレベルまで、
研ぎ澄ましていくのが、
才人、一流の領域でしょう。

この域に達してくれば、
その天才で生きていけるかどうかを、
心配することはなくなりますね。

ひとつの才能は、
簡単に極められるものではありません。

生涯かけて追求しても、
まだまだ、奥深いものでしょうね。

俗に言われる天才という人たちは、
そのさらに、先の領域に踏み込んで、
追求していった人たちですね。

目に見える、テクニックや知識を超えた、
心の領域、自分の中の未知の領域を、
真理や自然の摂理に向けて、
さらに深く探求して、
極めようとしていくと。

普遍的なものが見えてきますので、
どんなことにおいても、
その本質を瞬時に見抜き。

例えば、一流への道筋を指南できたり、
誰も、発想さえしなかった、
新しいものを創造できたり、
誰もが、成し遂げられないと思うような、
偉業を成し遂げたりすることになります。

どの段階まで、自分を追求していくかは、
もちろん自由で、
どういう思いを持つかですね。

その段階で、満足してしまったり、
諦めてしまえば、そこから先には進めません。

ただ、現状維持はあり得ませんので、
ただ、同じことを繰り返しているだけは、
どんどん、後退していきます。

現状を維持しようとする努力と、
さらに、先を追求するチャレンジとは、
それほど、大きな差はありませんので、
あなたの心が、何を思うか、
どこを目指すかだけですね。

いずれにしても、一度しかない、
限られた時間の人生ですから、
自分の心を、誤摩化すことなく、
人生を終える瞬間に、
心残りのない人生にしていきたいですね。

あなたに与えられた天才を、
どこまで極められるかは、
あなた以外の誰かや、
環境によって決まるものではありません。

あなたの思い次第ですね!

(浜本哲治)

少年時代のショーペンハウアー。Wikipediaより
少年時代のショーペンハウアー。Wikipediaより

LINEで送る