吉田 松陰の名言 Shoin Yoshida

吉田 松陰(Shoin Yoshida)Wikipediaより

君子は、理に合うか否かと考え、行動する。
小人は、利に成るか否かと考えて、行動する。

吉田 松陰 Shoin Yoshida

武士(長州藩士)思想家 教育者 1830〜1859


理は真理、道理、摂理。
利は利益。と考えると分かりやすいですね。

今、利より理を考え行動を起こしている人がどれほどいるのでしょう。

毎日の仕事を何のためにしているか。
利のためでなく、理のためと胸を張って言える人がどれだけいるでしょう。
理と利の二者択一が目の前に出て来た時、理を優先出来る人がどれだけいるでしょう。
利を得ていたことが理に叶っていないと分かった時に、やめることが出来る人がどれだけいるでしょう。

たぶん私たちを代表している人たちは私たちそのものの投影でしょう。

個人的には理不尽を感じていても、組織や大きな力の前では利のためにもっともらしい理屈をこねて正当化してやってしまう。

お客様のため、家族のためという大義名分は、国民のため国益のため、自然を犠牲にすることはやむなしと言っているのとさほど変わりません。

それぞれにお仕事ですからね。

誰かを批判する前に、目の前の雑草を敵視するような自分の価値観を変えて実践して行くことが先決でしょう。

旬でもない野菜や果物を買い求めることで、莫大な電力が使われていることや、主食であるお米を乾燥させるために、毎年原発4基分の電力が必要なことに気づいて、暮らしを見つめ直すことをまずやるべきでしょう。

みんながやること、国が決めたことに追随してきた結果が今ですからね。
ベクトルは自分自身に向けるべきでしょう。
あなたが変われば、国も企業も変わります。

吉田松蔭さんが生きた幕末や、敗戦後の価値観の変化より、もっと大きな変化を求められているのが今でしょう。

人間同士の間の価値観ではなく、相手は自然ですからね。

そして理に適ったことをすれば、目先の利より大きな利を与えられることをひとりひとりが実感していくことです。

自然界で自然の摂理に沿っていて生きられないことはまずありません。

出来ることから少しずつでも、しかし早急に変えていきたいですね。
私たちの今を創ってしまった価値観を。

幕末の国を変えていったのは、個の力によるところが大きかったですね。
今は個がさらに大きな力を持っている時代でしょう。
あなたの価値観が国を変えることも絵空事ではありませんよ。

これまでに紹介した吉田松陰さんの言葉です。

(浜本哲治)

誕生地にある吉田松陰と金子重輔の像 Wikipediaより
誕生地にある吉田松陰と金子重輔の像 Wikipediaより

LINEで送る