ジョージ・バーナード・ショーの名言 George Bernard Shaw

ジョージ・バーナード・ショー(George Bernard Shaw)Wikipediaより

人は自分の問題を環境のせいにばかりしている。
私は環境のせいだとは決して思わない。
世間で頭角を現す人物は、自分の望む環境を自ら探し求める人物であり、もしそれが見つからない時は自分で創り出す人物である。

ジョージ・バーナード・ショー George Bernard Shaw

イギリスの劇作家 小説家 ノーベル文学賞受賞者 1856~1950


日本も、世界も、
今後一層、混迷の度合いを強めていくでしょう。
経済も政治も行き詰まってきていますね。

こういう時は、根源的なことを、
しっかり見据えて、
自らの行動を考えていきたいですね。

今、起こっていることの、
根本的な問題は何かを、
見極められないと、
道を誤ることになります。

経済の問題にしても、原発の問題にしても、
今、私たちが相手として考えなければならないのは、
自然です、自然の摂理です。

人間界の中だけで、起こっている問題であれば、
救世主やヒーローが現れて、
強力なリーダーシップを発揮して、
問題を解決してくれたかもしれませんが。

今の問題の根源を考えると、
今までと変わらない、価値観の人間であれば、
誰が、政治をやっても、経済を率いても、
問題が解決することはないでしょう。

これからは、カリスマ的なリーダーの存在より、
個人の一人ひとりが、リーダーとなって、
大きな組織で、中央集権的にやるのではなく、
小さな単位で、行なうことが、
有機的に結びついて、
色んなことが、動いていく時代になります。

そういう風になっていかないと、
今、私たちが直面している問題は、
解決していかないでしょう。

私は、30年以上前から、
世の中の、これからの動向が、どうなっていくか。
非常に興味があり、色んなことを予言してきました。

当時、金融機関は、当時の大蔵省に、
護送船団方式で守られていて、
潰れることはあり得ませんでした。

これからは、金融機関も、自由競争の中で、
潰れる時代になるよ。
と当時の仲間に話したら、
よく笑われたものでした。

お弁当箱のような、携帯電話の一号機が、
発売された頃には、
私の勤めていたオフィスでも、
フロアに一台しかパソコンはありませんでしたが。

これからは、一人が一台のパソコンを持ち歩いて、
オフィスが必要なくなる時代が来る。
と言っては、失笑をかっていたものです。

今では、どれも当たり前になっていますが、
当時は、あり得ないこと、夢物語だと、
思われていたことです。

それ以来、私が予言したことは、
当時は10年くらいの時間がかかっていましたが、
今は、どんどん実現する速度が速まって、
数年単位のことになってきています。

予言と言っても、特別な能力のものではなく、
今の流れや、根本的な問題、自然の摂理を、
注意深く感じれば、誰にでも出来ることですね。

心がおかしいと感じることは、おかしいんです。

今起こっている問題は、
人間界だけの問題ではないと、
まず、感じることが大切でしょうね。

このまま、なし崩し的に、
原発などを含め、元の路線で進んでいくようになれば、
間違いなく、近い将来に、大きな自然現象が起きるでしょう。

その流れを変えていくには、
政治家や大きな組織に頼っていては、
難しいでしょうね。

それこそ、理より利が先の集団ですからね。
政策なども、政治家が決めているのではなく、
霞ヶ関にいる方々や、
利の大きな力を持っている人たちですからね。

私たち一人ひとりの個人が、
利で動かず、理で動くようになれば、
変わらざるをえなくなります。

あなたが一人、価値観を変えて、
行動を起こせば、その影響は、
必ずあなたの周りに与えます。

そして、行動は他人を批判したり、
ただ、声をあげることではありません。

すべては、あなたの中、生活の中にあります。

あなたが、価値観を変えることなく、
何かを変えようとしても、
変わることはありませんね。

環境や周りのせいではありません。

今、あなたが、まさに自分を変えて、
あなたの周りの環境を創っていけるかですね。

一人の人間が、価値観を変えても、
たいしたことはないと思いますか?

選挙で投票する一票より、
はるかに価値が高いと思いますね。

他人を変えよう、任せようとするよりは、
自分を変えることの方が、
遥かに確実に、成果も期待できますね。

これからは、あなたが世の中を、
動かしていく時代です。

(浜本哲治)

LINEで送る