小出 義雄の名言 Yoshio Koide

小出 義雄(Yoshio Koide)Wikipediaより

私はみんなによくこういっている。 「ほかの人と比較するんじゃないよ。比較しちゃ絶対に駄目だよ。いつでも自分がいまよりも強くなることだけを考えなさい」自分をほかの人と比較すると、どうしても勝ち負けにこだわることになる。もしも負けたら自分が嫌になってしまう。たとえ負けはしなくとも、相手が強いとそちらのほうにばかり目がいきストレスを溜め込んでしまうことになる。つねにイライラした状態が続き、しまいには選手としては駄目になってしまう。

小出 義雄 Yoshio Koide

陸上競技の元選手 マラソン・中長距離選手の指導者 1939〜2019


自分以外の人と自分を比較してしまって、苦悩している人は本当に多いですね。

誰かと比較していくことの最大のウイークポイントは無理をしてしまうことです。
この無理ではなくチャレンジにしていくためには、ひたすら自分と向き合い自分を超えようとしていくことです。

無理ではなく、自分を超えていくチャレンジこそが自然界で幸せに生きていける秘訣です。
無理は自然界では必ず破綻をきたしてしまいます。

この名言にもあるように、不自然なストレスを感じていくことは心身に大きなダメージを与えてしまうことになります。

何をやるにしても、スポーツなどの他の誰かと競うものであっても、ひたすら自分自身と向き合っていってください。
昨日の自分を超えていくことにチャレンジしていってください。
その先に明るい未来が拓けていきますよ。

小出 義雄さんのこんな名言もありました。

こんな田舎のへっぽこ親父でも、金メダルのことばかり考えていれば絶対世界一になれる。
それを証明したかった。

小出 義雄の名言


一度しかない人生、楽しまなければ損だ。

小出 義雄の名言


強くならない子は、自分の心を閉ざしてしまっている。
いくら私の経験で強くなるように指導してあげても、扉を閉めているから入っていけないのだ。

小出 義雄の名言


親やコーチのレベルで考えず、子供の身になって考えること。
一緒に遊ぶつもりでやるのもいい。
人は10人いたら10人の進み具合がある。
そして「認められたい」という気持ちがある。
ここをうまく使うことです。

小出 義雄の名言


選手が「自分から進んでやっているんだ」と思えるような、自発的で積極的な形を取らないと本番で力を出すことができないのではないかと思う。
だから私は練習を始めるにあたって選手にいつもいっている。
「練習はほかでもない自分のためにやるものなんだ。自分でもう少しいいタイムを出したいと思ったら精一杯頑張ってみたらどうだ」と。

小出 義雄の名言


これまでに紹介した小出 義雄さんの名言です。

(浜本哲治)

LINEで送る