マーク・トウェインの名言 Mark Twain

マーク・トウェイン(Mark Twain)15歳 Wikipediaより

人の大望を鼻であしらう人間とは、つき合わぬことだ。
それが小人の常だから。
しかし真の大人物に会うと、すばらしいことに、こちらも大人物になれそうな気持にしてくれる。

マーク・トウェイン Mark Twain

米国の小説家 1835~1910


人間はエネルギー、波動の影響を非常に大きく受けるものです。

心乱される騒音の中で、集中出来ないように。
鼻につく悪臭の中では、やる気を削がれるように。
身体に痛みを抱えながら、没頭が難しいように。
悲惨な光景を見ながら、心穏やかにいられないように。

五感がキャッチする、あらゆる情報に心乱されてしまいます。

また逆も言えることですね。

心安らぐ情報をキャッチすれば、やる気も、穏やかさも、集中も増すものです。

どういうものと触れ合うかは本当に注意する必要があります。

否応なしに触れてしまったり入ってくるものは、心を何にフォーカスするかというフォーカスシフトを駆使して、あなたの心の乱れ波動を守ることが出来ますが、自分がコントロールできる、触れ合うものは慎重に選びたいですね。

このことに無頓着な人は本当に多いです。

あなたの波動レベル、エネルギーレベルは、低いレベルの波動の中で磨こうとしなくても、高いレベルに変化しようとすることで、いくらでも磨き、研ぎ澄まされるものです。

簡単に乱されるレベルなのに敢えてその波動に触れたり、その波動を変えてやろうとしたりするケースもありますが、これは出来るだけやめた方がいいでしょう。
波動を乱され感化されるのが落ちですからね。

逆にエネルギー、波動の高いものには出来るだけ長い時間触れた方がいいです。

人にはエネルギー、波動レベルの高低は間違いなくあります。

何かを極めた人には、低いエネルギー、波動に乱されない高いエネルギーがあります。

本物の音楽、絵画に素晴らしいエネルギーがあるのと同じですね。

そういう本物に出来るだけ触れ合うことです。

私も人生の師であるアサヒビールの名誉顧問だった中條高徳さんには、その素晴らしい波動、エネルギーに触れるために半年間、毎朝早朝の散歩をご一緒しようと通い詰めました。

この期間に中條さんに間近で触れ合えたことは、今でも私の財産になっています。
知識などを学んだこともありますが、それ以上に波動を感じられたことが大きな財産になっています。

今ではもっぱら自然にエネルギーの充填、波動のチューニングはやってもらっています。

あなたの年齢以上の木などは、間違いなくエネルギーにも高い波動にも溢れています。

ただ五感だけに頼ってしまっている現代の人類は、このエネルギーや波動を感じづらくなっていますね。

言葉や行動に心が高揚してハイテンションになることが、エネルギーを、波動レベルを向上させていることのように勘違いしています。

高いエネルギーは決して激しい動きのあるものではありません。

感性が鈍っている現代人にも、自然はいつでも惜しみなく愛を与えてくれます。

下手な講演会やセミナーに参加するよりは、毎日3ヶ月でも半年でもあなたの年齢以上の木に触れてみてください。

そのエネルギーを感じられるようになります。

実際に触れることが一番ですよ。
エネルギーはTVやPCを通したものや、言葉や文字や見るだけよりも触れた方が感じられることは明らかですね。

どうぞ出来るだけあなたのエネルギーを奪うもの、波動を乱すものには触れないようにしてください。

そして自然や本物に出来るだけ長い時間、直接触れ合うようにしてください。

これは本当に大切なことですよ。

これまでに紹介したマーク・トウェインさんの言葉です。

(浜本哲治)

Signatures of Mark Twain Wikipediaより
Signatures of Mark Twain Wikipediaより

LINEで送る