マーク・トウェインの名言 Mark Twain

ジェームズ・キャロル・ベックウィズによるマーク・トウェイン(Mark Twain)肖像画 Wikipediaより

今から20年後、あなたはやったことよりも、やらなかったことに失望する。
ゆえに、もやいを解き放て。
安全な港から船を出せ。
貿易風を帆にとらえよ。
探検せよ。夢を見よ。発見せよ。

マーク・トウェイン Mark Twain

米国の小説家 1835~1910


過去はどんなにあがいてもどうにもならないことですから、後悔しても仕方のないことですが、どうしても心に残ってしまう、あの時に。。。というものがあるものですね。

後悔の念が残る心のメカニズムは、やらなければよかった。ではなく、やればよかった。ということに対して起こるものです。

これはやったことに対しては必ず結果が現れますから、その結果に対してはいくらでも次の手を打つことが出来ます。

ところがやらなかったことに関しては何も結果が出ないわけですから、いつまで経ってもどうなったかが分かることがありませんので後悔という形で残る訳ですね。

あなたの心がやりたいと感じていることは、必ずもれなくチャレンジするべきです。

チャレンジすることはいつでも出来ることですが、その時にしかない好機というものあります。

今のあなたが過去を振り返ってどうでしょう?
あの時にやっていたらどうなっていたかな?
という過去のあの時はありませんか?

あなたの心がやりたくない、やってはいけないと感じてることは、もちろんやるべきではありませんが。

やりたい。やってみたい。と感じているものは何も考えずにチャレンジしてください。

過去のあの時もそうですが、やりたいのにチャレンジしなかったのは、周りの目を気にしてとか、上手く行くかどうか分からないとか、あれこれ考えこんでしまってやれなくなっていませんでしたか?

あなたの心がやりたいと感じていることは、あなた自身の夢や天才を実現していくことでしょう。
あなたの夢の実現や天才の研磨は、あなたの大切な人や誰かの幸せに繋がることに間違いありません。

例え上手くいかなったとしても、あなたが諦めない限りいくらでも次は見えてきます。

どんな結果も闇に葬ってしまっては、今の思いが強ければ強いほど未来のあなたの心に後悔として残ってしまいます。

他人の目や結果は、何を言われようが、どうなろうが大したものではありません。

結果を知ることが出来ないことこそが、いちばんの損失です。

10年後、20年後のあなたに、あの時やっていたらどうなったかなあ。という思いだけは残していけませんね。

チャレンジするのはあなたの心が感じている今です。

これまでに紹介したマーク・トウェインさんの言葉です。

(浜本哲治)

コネチカット州ハートフォードのトウェインハウス Wikipediaより
コネチカット州ハートフォードのトウェインハウス Wikipediaより

LINEで送る