関本 忠弘の名言 Tadahiro Sekimoto

関本 忠弘(Tadahiro Sekimoto)Wikipediaより

同じ経験をしたからといって、同じ創意が出てくるものではない。
大切なのは、ひらめき、感性なんです。

関本 忠弘 Tadahiro Sekimoto

NEC 元社長&会長 1926〜2007


閃き、インスピレーション大切にしていますか?

突然、突拍子もないことを思いついたり、胸騒ぎのようなものを感じたり、意思とは反する行動を起こしてしまったり。
たぶん誰にでも経験のあることでしょう。

私は二度ほど、これで命を救われたことがあります。

アスリートも最後はこの閃きの勝負になることが多いですね。
一瞬の閃きが勝敗を分けることはよくあることです。

言葉にもあるように、同じようにトレーニングを積んでいても、同じようなプレーが出来るわけではありません。

そして、この閃きは特別な才能ではないですね。
閃きは、閃きを大切にする人に感じやすいものです。

そしてあまり考えないことです。
例えばアスリートは考えてる暇はありません。
コンマ何秒の世界でプレーをしなければなりませんから。

閃きもトレーニング出来るものです。
無心になって熱中、集中することも閃く状態ですね。

何かに意識を集中させて、脳に考えることをやめさせる。
これが閃きを感じるいちばん簡単な方法です。

私の開発した波動トレーニング。
閃きを起こしやすくなる脳の状態にします。
ぜひ活用してください。

自然を愛でることもいいですね。

私も閃きはとっても大切にしています。

ぜひ閃きやすい脳の状態を作って、閃きを大切にして、経験を最大限に活かせる素敵な体験をしてください。

これまでに紹介した関本 忠弘さんの言葉です。

(浜本哲治)

LINEで送る