羽生 善治の名言 Yoshiharu Habu

羽生 善治(Yoshiharu Habu)Wikipediaより

苦しまないで努力を続けられるということが、何より大事な才能。

羽生 善治 Yoshiharu Habu

将棋棋士 史上初の将棋7冠王 1970~


この言葉はトップアスリートも異口同音に言っています。

同じことを同じようにやってきて差が出た時に、よく「あいつは、才能があるからだ」という言葉を耳にすることがあります。

この時の「才能」は生まれ持った特別な能力のことを指して言われることが多いですね。

しかし人間の基本的な能力には大差はありません。
少なくとも私が見て来たアスリートで、トップアスリートと呼ばれた人たちと、並のアスリートの基本的な能力の差を感じたことはないです。

その差はまさにこの言葉そのものです。

どんなに好きなことをやっていても辛いことはあるものです。
それをいかに楽しむか。

楽しいことをやる。のではなく、やるべきことを心から楽しむ。

これは大きな差になります。

私は「頑張る」という言葉をほとんど使いません。
この言葉には、辛いことを歯を食いしばって苦しみながらやるイメージがあるからですが、努力、頑張るは、夢を実現しようとしているのであれば逆に言えば当たり前のことですね。

その努力、頑張りをいかに楽しめるか。
これは何かを実現していくためには本当にとっても大切なことです。

やるべきこと、起こることをすべて楽しむ。
ちょっとした考え方を変えるだけで、苦しみから解放されて大きく飛躍して行けますよ。

また心底楽しむためには、自分の力を注ぐべきことには、自分自身で感じた夢や得意なこと、信じることを選択する必要があるのでしょうね。

これまでに紹介した羽生善治さんの言葉です。

(浜本哲治)

LINEで送る