黒澤 明の名言 Akira Kurosawa

黒澤 明(Akira Kurosawa)Wikipediaより

自分が本当に好きなものを見つけて下さい。
見つかったら、その大切なもののために努力しなさい。
君たちは、努力したい何かを持っているはず。
きっとそれは、君たちの心のこもった立派な仕事になるでしょう。

黒澤 明 Akira Kurosawa

映画監督 1910~1998


自分が好きなことをそのまま仕事に出来れば、これは幸せなことですね。

ただ短絡的に仕事と好きなことを結びつけて考え過ぎて、全てのことが中途半端になってストレスを抱えてしまっているのが人間なのかもしれません。

好きなことを仕事にするんだ。好きなことでは仕事にならない。というように結びつけて、一方はせっかくの才能を富を得るための手段にしてしまって、その才能を埋もれさせてしまったり、一方はやはりせっかく与えられた才能を諦めとともに中途半端にしか磨かずに輝かせることなく終わってしまったり。

そもそも今世の中にある仕事は大昔にはなかったものが大半です。
仕事自体もどんどん新陳代謝して生まれ変わっています。

そしてその多くが、その仕事を生み出すきっかけになった一人の人の心に芽生えた、誰かのために役立ちたいという思いや、自分に興味があることを飽きることなく追求してきた結果、仕事になってきたというものばかりです。

これから何十年後、何百年後にも仕事は大きく変わっている可能性は限りなく高いです。

もっと仕事云々と言うより、純粋に「本当に」好きなことを「とことん」追求してみることが先決でしょう。

あなたが本当に好きなことには必ずあなたに与えられた天賦の才があります。

あなたの天才を発揮しないことは本当にもったいないことですし、例え今どんな環境であっても追求を始めることはすぐにでも出来ます。

そして子どもの天才は大人以上にハッキリ発露していますから、興味を持ったことを追求していく芽を摘んではいけません。

とことんやらせてみるべきでしょう。
興味を持ったことをとことん追求することで、どんなアプローチになったとしても学ぶことには辿り着きます。

興味を持ったことから学ぶ楽しさを知って学ぶことほど身に付くものはありません。

また例えばスポーツであっても何もアスリートになることだけが追求の方向ではありませんね。

その追求の過程で人体に興味を持って医学、科学の方向に追求は進むかもしれません。

とことん追求させてあげることでしかそういうものは見えてきません。

特に大人の追求は真理、自然の摂理を体感するところまで追求するべきでしょう。

真理や自然の摂理は普遍的なものですから、全てのことに活用できます。

あなたが好きなこと興味のあることからその自然の摂理を体感すれば、今の仕事にももちろんそれは活用できます。

そして他の何をしても成功を収めることは出来るでしょう。

真理まで到達したあなたの得意分野は放っておいても仕事になっていくでしょう。

いずれにしても中途半端ではダメですね。

嫌々やる仕事はもちろん中途半端でしょうし、好きなことも中途半端な追求では人生が苦しいことだけになってしまいます。

好きなこと興味のあること得意なこと、これをとことん追求することであなたの色んな悩みは解決していきます。

どうぞ今日から追求を始めてください。

一度しかないあなたの人生ですからね。

(浜本哲治)

LINEで送る