ハワード・シュルツの名言 Howard Schultz

ハワード・シュルツ(Howard Schultz)Wikipediaより

物事がうまく運び、周囲の称賛を浴びているときに、なぜ勝利の方程式を書き換えなければならないのか?
答えは簡単だ。
世の中は常に変化しているからである。
顧客のニーズや好みは毎年変化し、競争も激化する。
ビジネスでも人生でも、変化を免れるものは一つもない。
現状に寄りかかっていると不幸な結果を招くことになるんだ。

ハワード・シュルツ Howard Schultz

スターバックスコーポレーションCEO 1953~


アスリートも、獲得した地位を、
守ろうとし始めると、
早晩、その地位は、他の誰かに譲ることになります。

個人や組織でも、
ひとつの夢や目標を達成した後に、
失速してしまうことが多いのですが。

これは、変化、進化を目指さなくなることが、
大きな要因ですが。

その中でも、方法論だけが残っていくことが、
変化、進化の妨げになっているケースが多いですね。

今までは、こういうことをやって、
上手くいったから、それを続ける。

これでは、進化はままならないですね。

アスリートが、去年と同じ練習をしていては、
進化しないどころか、後退してしまいますから、
現状維持も出来ません。

これは、自然界のあらゆることに言えることですが、
常に、変化しているのが、自然界です。

逆に、今、どうにもならないようなことでも、
明日には、それを動かせる可能性もあります。

ひとつの夢や目標の実現は、
もちろん喜ばしいことですが、
大切なことは、その後です。

もっと言えば、ひとつの夢や目標の実現が、
近づいて来た時に、
さらに、その先の夢や目標を明確にして、
チャレンジしていくことです。

そうすることで、燃尽き症候群も回避できますし、
変化を怖れて、方法論だけが残る、
硬直化を防ぐことも出来ます。

小さな組織にも、個人にも、
俗に言われる、大企業病はあります。

どんな場合でも、
夢を明確にして、実現に向けてチャレンジする。
進化のための真理ですね。

(浜本哲治)

LINEで送る