源 義経の名言 Yoshitsune Minamotono

源 義経(Yoshitsune Minamotono)Wikipediaより

勝つということは味方に勝つ事である。
味方に勝つというのは我に勝つ事だ。
我に勝つというのは、気をもって体に勝つ事である。

源 義経 Yoshitsune Minamotono

平安時代末期の武将 1159~1189


この言葉は山本常朝さんの「葉隠」の中の言葉とも言われていますが。

いずれにしても、やはりいつの時代においても、全ては自分自身との向き合いになることは間違いのないことですね。

誰かと競うにしても、最後は自分に何が出来るか。ということになりますし。

全てのことは尽きるところ、いかに自分自身で自分の最高を引き出せるかです。

そのためには他に心を奪われないことが、最高、最高以上を引き出すためには大切ですね。

競う相手や周りは、自分がどれほど磨かれているかを知ることくらいにしておくのがいいでしょう。

習慣に支配されている人間は、思考ではやりたい、やった方がいい、続けた方がいい。と考えていても、習慣になっていないことをやることには、身体と言うか、脳が抵抗を示します。

また思考も、身体、脳の抵抗に合うと、やらない理由を考えだしたりするものですね。

また思考自体も、経験による思い込みや枠によって、身体の習慣になってしまうものや、動きを制限するものを自ら創り出しています。

感性は、やるべきことをやるべきタイミングで閃きを送っているのですが、思考や習慣がそれを妨げている。

こう考えていくと、人間は閃きを軽視しているのではなく、その閃きに対して動けない自分を正当化しようとしているだけなのかもしれませんね。

夢の実現のために必要なこと、今すぐやるべきこと、どうしても継続が必要なこと、夢が明確になっていれば8割方ははっきりしてきます。

そしてどうしても夢を実現するために、夢を超えるプラスアルファを見出していかなければならないことも明らかでしょう。

どうぞ、継続が必要なことは即刻、思考なしに身体が動くように、習慣化して感性を乗せてください。

感性を乗せるとは、思考がなくても身体が動く習慣を、その最中に感じたり、心を向けることです。
そうすることで色んな閃きが出てきます。

そして柔軟性を失わないように、思考を出来るだけ開放してあげてください。
気づかないうちに、自分で設けた枠にはまってしまっていることがありますから。

閃きより、思考で出て来たことに疑問を投げかけてみるといいですね。

あなたの夢の実現のためには、どこまでいっても自分と向き合うこと、克服していくことだけですね。

(浜本哲治)

徳島県小松島市の旗山にある日本最大の騎馬像。Wikipediaより
徳島県小松島市の旗山にある日本最大の騎馬像。Wikipediaより

LINEで送る