ウィラ・キャザーの名言 Willa Cather

ウィラ・キャザー(Willa Cather)Wikipediaより

偉大な愛のあるところには、常に奇跡がある。

ウィラ・キャザー Willa Cather

米国の女流作家 女性初ピューリッツァー賞受賞者 1873~1947


奇跡は全てのことが奇跡ではありますが、夢の実現や能力の開発には、俗に言われる奇跡的なことが多く起こるほど実現が早くなります。

その奇跡的なことをたくさん起こしていくのは、まさにこの言葉通りなのですが。

そうなっていくメカニズムはシンプルです。
自然の摂理がそういうルールになっているのですが。

例えば、能力を高めていくのには、どれだけその能力を信じて、質、量ともに磨き込みに愛を注げるかで、明らかにその能力の輝きは違ってきますね。

才能も右肩上がりには進化しませんから、急激に進化する奇跡的な瞬間を、愛を注ぐほどに体験することになります。

夢へのチャレンジの成果に関しては、どれほど純粋な愛を注げたかです。
見返りを求めない、まさに偉大な愛を、これまた質、量ともに高いレベルで注げるか。

そして偉大な、純粋な愛ほど奇跡的な出会い、出来事は多くなります。

奇跡は無限にあるタイミングと無限にある組み合わせが、出会うことで起こりますが。

与えられることを目指したり、思考で考えた言動では、その奇跡の一瞬を起こせる可能性が低くなります。

通常思考で考えられる範囲の出来事は奇跡とは呼びませんし、それだけではなかなか夢には近づいていきません。

タイミングや組み合わせは思考を遥かに超えて無限に存在します。

その無限の空間を出来るだけ、どういう組み合わせでも大丈夫な、純粋無垢な状態の放出したエネルギーで可能な限り満たしてあげることで、思いもよらぬ、それこそ奇跡的なことが起こる可能性が高まります。

限定されたものや少ない量では、もちろん奇跡のタイミングや組み合わせがマッチする可能性も小さくなりますね。

奇跡をたくさん起こしていくには、奇跡が起こる要因をたくさん放出すること。
これに尽きますね。

ウィラ・キャザーさんはこんなこともおっしゃっています。

愛が深いところには、絶え間なく、希望が流れ込んでくる。

ウィラ・キャザーの名言


これも同じですね。
無限にある可能性を少しでも多く見つけることが出来れば、希望は多くなっていきます。

奇跡的なことが起こらない、希望が見えてこない。

もしそう感じているのでしたら、どうぞ偉大な、純粋な愛を無尽蔵にばら蒔いてください。

きっと次々に奇跡的なことが起こってきますよ。

ウィラ・キャザーさんのこんな名言もありました。

あらゆる国の歴史は、一人の男、または女の心の中で始まる。

ウィラ・キャザーの名言


とてつもなく偉大な何かに溶け込むこと。
それこそが幸福。

ウィラ・キャザーの名言


穏やかな日に学ぶほうがよいこともあれば、嵐のなかで学ぶほうがよいこともある。

ウィラ・キャザーの名言


私は木の立つ姿が好きです。
なぜなら木々は自分たちの生きねばならぬ道に、ほかのものよりずっと素直に従っているからです。

ウィラ・キャザーの名言


これまでに紹介したウィラ・キャザーさんの名言です。

(浜本哲治)

LINEで送る