和辻 哲郎の名言 Tetsuro Watsuji

和辻 哲郎(Tetsuro Watsuji)Wikipediaより

「観る」とはすでに一定しているものを映すことではない。
無限に新しいものを見いだして行くことである。
だから観ることは直ちに創造に連なる。
しかし、そのためにはまず純粋に観る立場に立ち得なくてはならない。

和辻 哲郎 Tetsuro Watsuji

哲学者 倫理学者 1889~1960


「見る」ではなく「観る」こと。

言葉としては「みる」対象に明確な目的や意図を持って、みているかどうかの違いになりますが。

特に目の前で起こることには必ず意味がありますから、単に見るだけでなく、よく観ることですね。

その出来事の真意は何かや、なぜそれが起こったのかを、思考や感性をフル活用して感じることがとても大切なことでしょう。

芸術やスポーツ、本物と言われるものなどの、エネルギーレベルの高いものに触れてエネルギーのチューニングをしてもらうことも、エネルギーを乱されがちな現代では重要なことです。

そしてそういうものは単にエネルギーのチューニングだけにしてしまっては、とてももったいないことですね。

まさに見るだけでなく、観ることです。

あなたの夢へのチャレンジ、才能の進化を目指している中でテーマがありますから、そのテーマに対するヒントを得ることも出来るでしょう。

またどんな分野であっても成功する原理原則は共通していますから、あらゆる分野の本物からその原理原則を見出すことが出来ます。

純粋に観ていくには、先入観を持たずに感じることから入っていくことでしょうね。

そして純粋に観ること、そこから何かを見出す、感じとる感性を養うのは自然に触れ、観察することが最適の養成でしょう。

どんな分野であっても成功の原理原則は、自然の摂理と言ってもいいでしょう。

どんなに高度なことでも、シンプルな真理に支えられています。

決してテクニックだけでは本物は醸し出せません。

それを最も分かりやすくシンプルに実践しているのが自然です。

人間界では複雑に表面的なことが横行していますので分かりづらくなっていますが。

どうぞ自然の植物たちから、本物に磨き上げていくためにどうしても必要な真理を学んでください。そして観る目を養ってもらってください。

観る目が育ってくると、可能性は無限に見えてきます。

原理原則に裏付けされたあなたの才能は、必ず本物の輝きを放ってきますね。

(浜本哲治)

文化勲章授与式、後列右側が和辻哲郎 Wikipediaより
文化勲章授与式、後列右側が和辻哲郎 Wikipediaより

LINEで送る