いわさき ちひろの名言 Chihiro Iwasaki

いわさき ちひろ(Chihiro Iwasaki)Wikipediaより

大人というものは、どんなに苦労が多くても、自分の方から、人を愛していける人間に、なることなんだと思います。

いわさき ちひろ Chihiro Iwasaki

日本の画家 絵本作家 1918〜1974


年齢、経験を重ねることは進化していくことだということを、子どもたちには後ろ姿で見せていきたいですね。

感情は、どんなに年齢、経験を重ねてもあるものですし、感性を磨いていくにもエネルギー源としても、とても大切なものです。

ただ同じような出来事に遭遇して、その反応がいつまでも変わらないのは進化できていないのかもしれませんね。

ややもすると、本音と建前を使い分けることが、大人になる、進化することと考えられているのでしょうか。

大人になると感情表現が乏しくなっていく、嬉しいことを素直に喜べない、泣けないなどに繋がっているのかもしれませんね。

建前で笑顔を作って、裏で陰口を言っている姿を見せられる子どもたちは、どんなことを学んでいくでしょう。

表面的ではなく、本音の自分を進化させるには、出来事などの捉え方、心を向けるところを進化させていくことですね。

感情的に嫌な出来事に遭遇しても、その出来事の真意は何か、その出来事から得られる学びは何かを見出せるようになっていけば、本音と建前を使い分ける苦心も少なくなってきます。

そうしていくことで、感情のエネルギーを無理に抑え込んだりする必要もなくなっていきます。

全てを愛することは、自然の摂理の20:80の法則の中ではあり得ないでしょうが。

感情に届ける捉え方を進化させていけば、心から愛せるものと、そうでないものとの、20:80が逆転することはあるでしょう。

出来事の捉え方は、進化させることが出来ます。
それを習慣にしていくことですね。

どうぞ思考で愛そうとしたり、愛しているように見せようとするのではなく、本音で愛せるものが増えるように、本来の進化する大人になる後ろ姿にチャレンジしていってください。

愛せるものが増えることは、そのまま可能性が広がることになりますね。

いわさきちひろさんの、こんな言葉もありました。

人間はあさはかなもので、
身にふりかかってこなければ、
なかなかその悲しみはわからない。

若い、苦しみに満ちた人たちよ。
若いうちに苦しいことが
たくさんあったということは
同じような苦しみに堪えている人々に
どんなにか胸せまる愛情がもてることだろう。

本当に強いやさしい心の人間になる条件は
その人が、経験した苦しみの数が
多いほどふえていく。

そしてまた 人の心をうつ
美しくやさしい心の作品をつくる
芸術家にもなっていける。


全ての経験を、愛に変換していくことも目指していきたいですね!

これまでに紹介した、いわさきちひろさんの言葉です。

(浜本哲治)

ちひろ美術館・東京 Wikipediaより
ちひろ美術館・東京 Wikipediaより

LINEで送る