孔子の名言 Kohshi

孔子(Kohshi)Wikipediaより

汝の愛するものを仕事に選べ、そうすれば生涯一日たりとも働かなくて済むであろう。

孔子 Kohshi

中国の思想家 儒教の創始者 紀元前551~479


孔子さんの時代から言われていることですね。

自分が好きなこと、得意なこと、愛するものの中にこそ天職、使命、天命があるのでしょう。

好きなことをやっていれば仕事だなんて思いません。
だから働くという感覚がなくなるということでしょうね。

また長所にフォーカスすること。
これもとても大切なことですね。

特に日本人は、どうしても長所を伸ばすことより短所を矯正することに目を向けがちです。

短所なんて放っておいて、ただひたすら自分のいいところを伸ばしていく。

そうすると短所も自然と穴埋めされていくものです。
逆に短所の穴埋めを始めると長所もどんどんなくなってきます。

人生の時間には限りがあります。
同じ時間を長所、短所どちらにフォーカスして過ごしますか?
限りある時間を何をして過ごしますか?

私たちは何をするために生まれてきたのでしょうね。

どうぞ心残りのない、後悔のない人生にしていってください。

これまでに紹介した孔子さんの言葉です。

(浜本哲治)

湯島聖堂にある孔子像 Wikipediaより
湯島聖堂にある孔子像 Wikipediaより

LINEで送る