釈迦の名言 しゃか

釈迦【しゃか】Wikipediaより

他人の過失を見る必要はありません。
他人のした事と、しなかった事を見るのではなく、
自分がした事と、しなかった事だけを見るようにしなさい。

釈迦 しゃか buddha

仏教の開祖 紀元前624〜544年頃


人間は、とかく誰かや環境がしたことやしなかったことに、
文句を言ったり、排除しようとしがちですが、
これは、とてももったいない時間です。

その時間を使って、自分自身のやるべきこと、
出来ることをした方が、遥かに夢の実現や、
能力の開発は進むでしょう。

自分に降り掛かってくる出来事は、
されたこと、されなかったことを含めて、
自分自身の放出したエネルギーに、
共鳴して起こることですから、
誰かや環境を責めることは、
自分自身を責めていることにもなります。

また、人はそれぞれに価値観が違いますし、
良い悪いは、受け取る人の価値観や感情の問題だけですから、
あまり意味のないことでしょう。

自分自身のチャレンジでも、
上手くいくことより、上手くいかないことの方が多く、
間違ってしまうこともたくさんあります。

その上手くいかなかったことを反省したり、
いつまでも囚われていたのでは、
なかなか前に進んで行きません。

結果が出たものは、どうにもなりませんから、
その状態から、次に何を目指してチャレンジしていくかを、
すぐに考えて、アクションを起こしていくことですね。

その次のアクションの中で、
上手くいかなった原因や真意を、
気づいていけるものです。

これは、組織の中で、
リーダーとしても同じでしょう。

どんな小さな組織であっても、
全ての人が、同じ方向を見据えて、
積極的にチャレンジしていくことはありません。

そんな中で、推進力を大きくしていくには、
組織の目指す地点や方向に、
向かっているエネルギーを集中させて、
立ち止まらずに進んでいくことです。

物体も人も、組織も、
一度立ち止まってしまうと、
また動き始めるのに、大きなエネルギーが必要になります。

一旦動き出したら、動きながら何度でも、
軌道修正を重ねていけばいいんです。

上手く行かないこと、意に沿わないことに、
いちいち立ち止まっていることは、
本当に大きなロスになります。

時間は限られていますから、
出来るだけ多くの時間を、
前に進むために注ぎ込むことですね。

どうぞ、あなたの才能を立ち止まらせないでください。
どこまでも進化できる、あなたの才能を、
どこまで進化させられるかは、
限りある人生の時間の中で、
また、一日に刻める距離も限りがありますから、
どれだけ、立ち止まる時間を短くするかですね。

誰も代わりに刻んではくれませんから、
自分の足で刻んでいくしかありません。

あなたが、あなたの夢に向かって進んでいけば、
気づく人、ともに歩んでくれる人、
進化した先で出会う人との素敵な出会いが必ずありますね。

(浜本哲治)