アーネスト・ヘミングウェイの名言 Ernest Miller Hemingway

アーネスト・ヘミングウェイ(Ernest Miller Hemingway)Wikipediaより

それをやりにおれが生まれてきた。
そのことだけを考えればよい。

アーネスト・ヘミングウェイ Ernest Miller Hemingway

米国の小説家・ノーベル文学賞受賞者 1899~1961


人間誰しも必ず何かの使命を持って生まれてきています。
使命、天命を感じ、それを果たそうとしている人生ほど幸せな人生はありません。

まずは自分の使命を見つけること。感じること。
これが本当に大切なことになるでしょう。

使命かどうか見分ける方法は、やっていることが楽しくて楽しくて仕方ないことか。
どんなにやっても心が疲れないことか。
どんなことが起こっても意欲を削がれないことか。

こんなことをやっているのであれば、それは使命でしょう。

自分の果たすべき使命が簡単に見つかればいいのですが、これも教育や社会環境の影響でしょうか、自分の心を閉ざして感じることをやめて、環境や他人の影響に左右されてしまってることが多いです。

これでは使命、天命は見つけられません。

見つけるためには何かをやめる勇気も必要になります。

使命だと感じたことが違ってた場合もあります。
途中で使命へのステップだったと気づくこともあります。

そんな時は変化を怖れずにやめること、方向転換すること、これも大切な行動になっていきます。

やめる勇気を多くの人が持てれば、世の中もっと自然の摂理に沿った住みやすい世界になっていくでしょう。

どんなことをしたって人間生きていけますよ。

限られた時間の中でストレスばかり抱えて生きるのか、笑顔の絶えない生き甲斐に輝いて生きるのか。
はい。どんな道を選ぶのも自由です。

ひとりひとりの使命は小さなことかもしれませんが、そのひとつひとつが世界を進化させることになるでしょう。

使命を果たせずに終わる人が多ければ多いほど、人間界の進化も遅くなっていきます。

自分の心に正直に純粋に向き合ってますか?
違う、おかしいと感じてることをやり続けていませんか?

あなたの使命が多くの人の、未来の子どもたちの命、幸せを創り出すことだとしても、使命を見つけてやり遂げること、使命ではないことをやめる勇気になりませんか?

使命だと感じられることはとにかく楽しいですよ。
楽しいことをやって世の中の役に立つこと、これをやらずに何をやりますか。

これまでに紹介したヘミングウェイさんの言葉です。

(浜本哲治)

アーネスト・ヘミングウェイの署名 Wikipediaより
アーネスト・ヘミングウェイの署名 Wikipediaより

LINEで送る