アーネスト・ヘミングウェイの名言 Ernest Miller Hemingway

アーネスト・ヘミングウェイ(Ernest Miller Hemingway)Wikipediaより

誰かを信頼できるかを試すのに、一番良い方法は、彼らを信頼してみることである。

アーネスト・ヘミングウェイ Ernest Miller Hemingway

米国の小説家・ノーベル文学賞受賞者 1899~1961


どんなことでも、やってみなければわかりません。
いくら思考で考えても、未だ見ぬ未知の未来を確定してしまうことはできません。

非常にシンプルで当たり前の自然界の真理ですが、意外とやらずにあれこれ考え込んでしまって、思考領域の中で勝手に決め込んでアクションに起こせずにいるケースは多いものです。

どんな地点に到達するにも、すんなり考えた通りに進んでいけることはありません。

常に軌道修正をしていくことが求められますし、そうしていくことでのみ目的地には到着できるものです。

特に心が感じたものはまずアクションを起こしてみる。そこからが真のスタートです。

考えることからスタートしていてなかなかアクションを起こせず、最高のタイミングやチャンスを逃していることは本当に多いですね。

人間の場合、アクションが早いケースは、誰かに言われたり、強制されたことをやる場合が多く、そういう場合には心が良しとしていなくてもアクションを起こしてしまいがちです。

これでは自然界ではなかなか事の成就には近づいていきません。

誰かを信頼できるかどうかも、まずは信頼してみなければわからないものですが、それ以前に人間の脳は本質や大切な情報をキャッチしていますので、そのキャッチしているものを理解して大切にしていくことが重要です。

そのためにも常々心が感じたものを大切にして、即座にアクションを起こすことを実践していくことです。

思考で考えるより遥かに精度の高い思感を、充分に活用できるレベルに向上させてチャレンジに役立てていってください。

ヘミングウェイさんのこんな言葉もありました。

今は「ないもの」について考えるときではない。
「今あるもの」で何ができるかを考えるときである。


勇気とは、窮地に陥ったときにみせる気品のことである。


釣れないときは、魚が考える時間を与えてくれたと思えばいい。


この世は素晴らしい。戦う価値がある。


これまでに紹介したヘミングウェイさんの言葉です。

(浜本哲治)

フロリダ州キーウェストの家 Wikipediaより
フロリダ州キーウェストの家 Wikipediaより

LINEで送る