ヘンリー・ジェイムズの名言(Henry James)

ヘンリー・ジェイムズ(Henry James)Wikipediaより。

やりかけの仕事を
いつまでも抱えているほど
疲れることはない。

ヘンリー・ジェイムズ Henry James

作家・小説家 英米心理主義小説の先駆者 1843〜1916


人生の夢や能力の追求には果てがありません。

これは、チャレンジを完遂していっても、
さらにその先が見えてくると言うことです。

そういう自然界で、
チャレンジ自体を中途にしていては、
なかなか先に進めませんから、
もちろん夢も近づいてきません。
才能、能力も進化していけません。

人間の脳の思考領域は、
覚えておかなくてはいけない、
忘れてはいけない。
というストレスに非常に弱く、
心身に異常をきたすほどのストレスを感じます。

例えば思考領域で、
単純に記憶だけしておくような、
スケジュールや、やるべきことなどは、
記憶媒体に落としてしまうことで、
小さくて大きなストレスの要因を回避できますね。

そして、チャレンジなども、
できるだけ、自分にできることは、
完結していくことです。

自分にできないことは、
委ねるしかありませんから、
自分にできることは、ベストを尽くして、
どんどんその場は完結していくことです。

今すぐに、完結できないことは、
スケジュールを組んでいるでしょうから、
できるところまでを、どんどん終わらせていくことですね。

ただ、この場合、
目の前に出てきたことに、
感じる分けることなく、次々に着手していくと、
本当に大切なことに着手できずに、
一日はあっと言う間に終わってしまいますから、
さらに、ストレスを抱え込むことになります。

あらかじめ、優先順位を付けられるものは、
記憶媒体の中で整理しておけばいいのですが、
どんどん、目の前に新たなことも出てきますから、
その瞬間ごとに、やらないという完結を、
どんどんしていくことも大切ですね。

この判断も、思考ではなく思感が得意分野です。

常に夢の実現に意識を向けて、
四六時中、そのことを考えていて、
感性を研ぎ澄ましていけば、
思感で、反射的に判断できるように、
感じ取れるようになります。

限られた一日の時間で、
多くのやるべきことの中から、
何をチョイスして、どれだけ多くの的確な決断をして、
集中していけるかは、
結果に非常に大きな差を生み出しますね。

これも、現代人は特に、
思考でやろうとしていますので、
容量の小さい、ストレスに弱い思考領域では、
非常に疲れることにもなります。

こういう判断、決断は、
どんどん思感に委ねていくことですね。

その思感の判断力、決断力は、
思考とは比べものにならないほど、
的確で優秀な能力を発揮するものです。

最初は、思考を手放すことに抵抗があるでしょうが、
思感の活用を試行錯誤してやってみると、
きっと、その素晴らしさに驚きを感じますよ。

思感、潜在領域の情報や能力は、
どんどん引き出して活用することです。

あなたの中に、こんなに凄い能力があったのかと、
日々、底知れぬ可能性を実感することになりますね。

とにかく、心身の健康のためにも、
つまらないストレスを抱え込まないことです。

そのストレスが、あなたの本来の素晴らしい能力の発現を、
大きく妨げることになりますからね。

逆に言えば、
回避できるストレスを感じなければ、
それだけ、大きな可能性を秘めたあなたの能力が、
引き出されやすいということにもなります。

(浜本哲治)

ねじの回転デイジー・ミラー

ねじの回転デイジー・ミラー