ルドルフ・オイケンの名言 Rudolf Christoph Eucken

ルドルフ・オイケン(Rudolf Christoph Eucken)Wikipediaより

人間は自然に隷属しているが、
それを知るがゆえに自由である。

ルドルフ・オイケン Rudolf Christoph Eucken

ドイツの哲学者 ノーベル文学賞受賞者 1846〜1926


人間は、自然界の一員です。
決して、自然界を支配しているわけではありません。

ここのところを、しっかりと理解、体感、体得していないと、
非常に不自然なストレスに苛まれることになってしまいます。

それが、人間界の現代社会と言ってもいいでしょう。

自然界の中では、人間は無力な存在、
小さな存在であることを知ることですね。

そして、自然界の中心や、支配者という勘違いから、
人間界の中で、過ごすことだけを試行錯誤してしまっているのが、
多くの人間になっていますから、
本来もっともっと自由を謳歌できるはずの自然界で、
小さな人間界という縛りの中で、
また、自分自身の思考という枠の中で、
息苦しく生きているのが人間界でしょう。

自然界の基本ルールを第一義に据えて、
全ての基本をそこに置いて、何事もチャレンジしていけば、
限界も、行き詰まりもありませんし、
縛りを超越していけることになります。

この自然界での最高の生き方は、今すぐにでも始められることです。

人間界の、そして自分自身の常識や思考枠を超えたところで、
生きていくことが、どれほど素晴らしいことかは、
実践してみないとわからないですが、
実践していくと、すぐにでもその凄さを体感できることになります。

もちろん、今の人間界での生活をしながらでも、
すぐに変えられる言動のありますし、
発想などを自然に沿わせていくことで、
人間界の縛りを、どんどん手放していけることになります。

そして、自然界の本来の無限の可能性や自由を、満喫していくには、
まずは、自然を知ることですが。

その第一歩は、人間が自然界の中心ではなく、
一員であることを自覚していくことでしょう。

そのスタート地点が違っていると、
今の人間界の進んでいる方向に、
どんどん進んでしまって、
不自然なストレスにまみれてしまうことになります。

そのスタート地点から、
謙虚に自然を、自然界のルールを、学んでいくことですね。

自然を知れば知るほどに、
人間がいかにつまらないことに囚われて、
もっともっと果てしなくそこにある、
無限の可能性に気づけていないかがわかってきます。

あなたの素晴らしい才能、能力が、
最高に引き出されるのは、間違いなく自然に沿えている時です。
思考で考えたり、歯をくいしばってひとりの力で、
自然に逆らって奮闘しても、なかなか前には進んでいけません。

自然の力、エネルギーを、あなたの才能にどう取り込めるか。
これが、最大のポイントになります。

せっかく授けられた素晴らしい才能と、与えられた短い時間を、
もっともっとダイナミックに有効に活用する方法を体得してください。

(浜本哲治)


Zur Philosophie Der Geschichte. Von Karl Steffensen. Auszu GE Aus Seinem Handschriftlichen Nachlass. Mit Einem Vorwort Von R. Eucken. Edited by Immanu


ゲッティンゲン大学の学生時代、学生団フリージアの仲間と。オイケンは写真中央 Wikipediaより
ゲッティンゲン大学の学生時代、学生団フリージアの仲間と。オイケンは写真中央 Wikipediaより