棟方 志功の名言 むなかた しこう

棟方 志功【むなかた しこう】Wikipediaより

私が彫っているのではありません。
仏様の手足となって、ただ転げ回っているのです。

棟方 志功 むなかた しこう Shikou Munakata

板画家 1903〜1975


潜在領域の情報や能力を使い始めると、
思考を超えた情報や能力が引き出されますから、
まるで、自分の力ではない力が、
働いているように感じることも多くなるでしょう。

また、今は実現できないけど、
夢などの明確に目指すものがあって、
チャレンジしていて、実現に至る過程では、
少なからず、思考を超えた人や出来事との出会いや、
奇跡と呼べるようなことや、
運が良かったと考えてしまうようなことなどに
遭遇しているものでしょう。

潜在領域の能力、エネルギーとはそういうものですね。

未知を引き出していくには、未知を目指すことです。

限られた時間の中で、より遠くへ、高くヘ到達するには、
顕在化した能力だけでは、あまり遠く、高くへは辿り着けません。

人間の脳が悦び、幸せを最も感じるのは、
自分自身の成長、進化を実感できた時です。

どこかに辿り着くことではないでしょう。
実際に、自分自身の成長、進化を感じることなく、
どこかに辿り着けたとしても、
それは、不自然なストレスの要因になってしまうだけですね。

夢の本質、本来の意味は、
夢が実現することではなく、
夢を実現させるべくチャレンジして、
自分自身を成長、進化させるところにあります。

その結果、到達できる境地が違ってくるだけです。

今、明確な未知を、どれほどイメージできているでしょう?

今の人間界の社会のシステムでは、
それを持つことを妨げる要因が多いでしょう。

まるで、個々の独自の才能が発露していくのを、
意図的に妨げているようにさえ感じられます。

目指す夢などを、ミスリードされているところなども、
まさにその一端ですね。

手段などを目指していると、
単に苦しむことが多くなるだけですし、
苦しみの中に、進化の種子があるような、
これも、あまり正しくない認識も横行しています。

夢へのチャレンジが、苦しみになっている限り、
その夢の実現の確率は非常に低いでしょう。

そして、その目指す夢が、
何かになること。何かを得ること。
のように、手段や過程になっていると、
夢は潰えるもの、実現は苦しむものと、
考え、感じてしまってもおかしくない状況になるでしょう。

進化は歓びの中で実現していきます。

自然界で目指すべき本来の夢を目指すことで、
あなたは進化していき、
神ががり的に感じられるような、
潜在能力の領域から、情報や能力を引き出すことができます。

日々、あなたの中の未知と繋がり、
あなたの才能の進化を実現、実感していってください。

(浜本哲治)


棟方志功―わだばゴッホになる (人間の記録 (13))


棟方志功記念館(青森市)Wikipediaより
棟方志功記念館(青森市)Wikipediaより