スティーヴン・キングの名言 Stephen Edwin King

スティーヴン・キング(Stephen Edwin King)Wikipediaより

才能は食卓塩よりも安い。
才能ある人と成功者の差は、努力の量だ。

スティーヴン・キング Stephen Edwin King

米国のモダンホラー小説家 1947〜


どんなに発現している才能が高くても、
その才能を、磨くことなく、さらに引き出していこうとすることなく、
常に変化、進化を求められる自然界で、
事が成就していくことは難しくなるでしょう。

元来、才能のあるなしを、
誰かと比較して、高い、低いと判断しがちですが、
これは、事の成就、夢の実現などには、
あまり意味のないことだと考えた方がいいですね。

今、どんなに高いレベルの能力が発現していても、
さらに高いレベルを引き出すことに、
チャレンジしていってこそ、
夢の実現、事の成就に繋がっていくものです。

どんなに顕在化した能力が高くても、
その奥には、さらに広大な能力が控えているのが、
人間の才能、能力、脳のメカニズムです。

そういうメカニズムになっているわけですし、
発現している能力は、全体のせいぜい数パーセントのレベルですから、
今の能力が、あまり意味のないことですが、
例えば、周りと比較して多少低いとしても、
そんなことは、全く気にすることではありませんね。

その追求している、才能、能力、夢、分野などを
とことん愛して、少しでも多くの眠れる能力を、
引き出していくことにチャレンジすることです。

数パーセント引き出されただけで、
たぶん、発現している能力の差などは、
簡単に凌駕するものになっていくでしょう。

キングさんの、こんな言葉もありました。

楽しくなければ何をやっても無駄である。


才能、能力のこのメカニズムの中で、
そして、常に進化していくことが大切な中で、
何よりも大切なことが、愉しめることです。

愛し、愉しめることでなければ、
愉しんでいなければ、
隠された才能、能力が引き出されることは、
非常に困難なことになります。

また、こんな言葉もありました。

何事であれ、自分に才能があるとなれば、
人は指先に血が滲み、
目の球が抜け落ちそうになるまで、
そのことにのめり込むはずである。


これはいける、という知恵は、
ある天気のいい日に
何の前触れもなく空から降ってわくものだと
思っておけば間違いない。


人間の才能、能力は、
どこまでも進化できるものです。
ここで終わりというレベルはありません。

その無限を、どこまでも追求していこうとする、
たゆまぬチャレンジと、その意思があるからこそ、
潜在領域の能力や情報と繋がることができます。

潜在領域へのアクセスは、
難しいことではないのですが、
その意思や愛する気持ち、想い、心がなければ、
非常に難しいことになってしまいます。

努力を努力と感じないほどに、
愛し愉しむこと。

才能をどこまでも引き出していくために、
何よりも大切な秘訣ですね。

(浜本哲治)


書くことについて