アルフレッド・ノース・ホワイトヘッドの名言 Alfred North Whitehead

アルフレッド・ノース・ホワイトヘッド(Alfred North Whitehead)Wikipediaより

単なる無知よりも「無知であることの無知」こそが知識の死である。

アルフレッド・ノース・ホワイトヘッド Alfred North Whitehead

イギリスの数学者 哲学者 1861〜1947


人間が自然界のことで知り得ていることは、
ごくごくわずかなことでしかありませんから。

その中で、限られた分野の、限られた知識や経験が、
たとえどれほどあったとしても、
本当に微量のことしか知っていないのだということを、
自覚していくことが重要なことですね。

どこまでも果てしなく、掘ることのできる場所では、
どの深さに到達しても、その先の未知の領域に関しては、
全くの素人です。

夢の実現のためには、常に深く掘り下げて、
進化していく必要があります。

掘るのをやめて、立ち止まってしまっては、
その先の領域には、決してたどり着けません。

誰かが連れていってくれることもないのですが、
依存が高くなり過ぎている人間界では、
誰かが、何とかしてくれるだろう。
と考えてしまうケースが多くなって、
自ら掘り進んで行く、いちばんの醍醐味を、
味わうことなく、過ごしていることも多くなっていますね。

たとえ、どんな場所に、誰かに連れていってもらっても、
必ず、その場所で才能や能力を発揮するのは、
自分のその場所を掘り下げるのは、自分自身です。

それだけは、誰にも代わりにはやってもらえません。

どうぞ、まずは、
自然界は、際限なく可能性もあり、
才能、能力、愛も進化させることができる、
そういう世界であることを認識してください。

どこまで知識、経験を重ねていっても、
知らないことばかりだと考えて間違いありません。

そして、日々、毎瞬、
少しでも、深く掘り下げることにチャレンジしていってください。

完成も、極められることもないのが自然界です。
常に先があります。

その常に先に進むことにチャレンジすることが、
それまで高めてきた才能、能力や、
知識を最大に活かしていく方法です。

実践を伴っていない、教えるだけの知識などに、
あまり意味のないことでも、明らかなことですね。

ホワイトヘッドさんの、こんな言葉もありました。

知識は魚と同様、日持ちしない。


単に知識をインプットしただけでは、
それが役立つことはありません。

知識や才能、能力、愛は、
誰かの幸せのために役立ってこそ、
初めて価値が生まれてくるものです。

あなたの素晴らしい才能には、
常に進化していく、真価を授けてあげてください。

輝きが、どんどん増していきますね!

(浜本哲治)


自然という概念 (ホワイトヘッド著作集)