石橋 信夫の名言 Nobuo Ishibashi

石橋 信夫(Nobuo Ishibashi)大和ハウスサイトより

仕事をやる以上、仕事に惚れなくてはならない。
仕事が恋人であるなら、成功せぬはずはない。

石橋 信夫 Nobuo Ishibashi

大和ハウス工業創業者 1921〜2003


愛することなしには、夢の実現などの事の成就はあり得ないでしょう。

どれだけチャレンジしている夢を、仕事を、自分の能力を、愛することができるか。

どれだけ深く愛することができるか。

愛することにも限界はありません。
どこまでも深く愛することができます。

深く愛していくことの追求をやめてしまえば、人同士の関係もそうですが、マンネリ化してしまったり、素晴らしい刺激を受けることもなくなってしまいます。

常に愛の追求をしているからこそ、新鮮でいられるものですね。

夢へのチャレンジ、仕事や能力の成長、進化を実現していくことに関しても、全く同じことが言えますね。

満足して追求をやめてしまえば、早晩飽きたり、やる気も失せてしまうものですね。

本来果てしない欲があるのが、人間も含め自然界の存在です。

どこかの地点に安住してしまって、満足することは決してありません。

脳は常に新鮮な刺激を欲するものです。
そういうメカニズムになっています。

どうぞやるべきこと、夢などを、どこまでも深く愛し抜いてください。

愛し、愛し抜いて、実現していかない夢はないでしょう。

石橋信夫さんの、こんな言葉もありました。

人間は、やろうと思ったら、なんでもできる。
できないのは努力が足りないからだ。
奇蹟が存在するのではない。
努力と意志が奇蹟を生むのである。


未知の時代の勝利者となるには、まず既成概念を捨てることだ。
そして新しい眼で、3年先、5年先、15年先を読むことだ。
『サン・ゴ・ジュウゴ』の先を読むことができれば、さらなる将来の展望も開ける。


愛すること、囚われを手放すこと。
まず、何よりも大切なことですね。

(浜本哲治)


不撓不屈の日々―私の履歴書


LINEで送る