内村 航平の名言 うちむら こうへい

内村 航平【うちむら こうへい】Wikipediaより

まだ限界じゃない。
どこまでいけるか分からないけど、
自分の限界に挑戦したい。

内村 航平 うちむら こうへい Kohei Uchimura

体操競技選手 1989〜


その時の世界一になったとしても、
さらに上があることを感じることになります。

完成のない、限界、果てのない、
自然界の特徴ですね。

誰かと競うことが多い、
アスリートの世界でも、
その序列の中で、昇りつめていけるのは、
やはり、自分自身を超え続けている人たちですね。

私も、多くのトップアスリート、
スーパースターと言われた人たちと、
ともに生活をしながら痛感したことです。

どこにベクトルを向けるか、
また、何を基準にしていくかなのですが、
これは、できるだけ早い段階で、
自分の内にベクトルを向け、
自分を超え続けることに、
日々の基準を置いていくことですね。

比較するものがなくなってから、
こうなっていくよりは、
できるだけ、早い段階でこうしていくことです。

そもそも、誰かと比較することは、
個性が違いますから、
あまり意味のないことですし、
本来の才能、能力をなかなか引き出せないことになります。

内村さんの、こんな言葉もありました。

僕が目指す美しい体操は
いつやってもミスがなく、
どこの部分を切り取っても、
みんながきれいだなと思える演技。


様々な才能、能力を洗練させ、
磨き込んでいく方向を、
端的、適切に表現した言葉ですね。

今にプライドを持つより、
未来の自分にプライドを持つこと。

どこまでも洗練させ、磨き込むことで、
より多くの人に届くようにしていくこと。

限界にチャレンジしていくと、
限界がないことに気づきます。

このチャレンジがないと、
漠然と限界があると考えてしまうことにもなるでしょう。

ぜひ、日々、昨日の自分を超えることに、
ひたすらチャレンジしてください。

無理をすることも少なくなりますから、
怪我をしたり、不自然なストレスで、
継続が途切れるような、休養も必要なくなります。

才能をもっとも進化させられるのは、
チャレンジを毎日継続していくことですからね。

(浜本哲治)


内村航平―オリンピックのアスリートたち