2代目 桂 枝雀の名言 かつら しじゃく

2代目 桂 枝雀【かつら しじゃく】

枝雀の顔を見ただけであー、おもろかったと
満足していただけるような芸人になりたい。

2代目 桂 枝雀 かつら しじゃく Shijaku Katsura

落語家 1939〜1999


これは、どんな分野の、どんな才能、愛にも言えることですね。

この境地に、至ることを人生の有限の時間を使って、
どこまでたどり着けるかが、人生のチャレンジでしょう。

そして、その境地、領域に、
どんどん近づいていくには、
技術的なこと、表面的なことだけでは限界があり、
行き詰まってしまいます。

表面的なこと以上に、
内面の洗練にチャレンジしていくことが、
無限に続く追求を、より深いところまで、
到達していく秘訣になりますね。

植物たちに、人間が癒されるのは、
決して、花の美しさや美味しさだけではありません。

その子が育った過程を含めて、
内在するエネルギーによって、
表面的な美しさや美味しさ以上に、
癒やされ、幸せを享受できるものですね。

人間の創造物でも、
外見は同じように見えるものでも、
それを創った人によって、
全く違う価値になってしまうものなどは、
当たり前のようにあるものです。

自然界のエネルギーの原理を理解していくことが、
この境地に到達するために、
必要不可欠なことと言ってもいいでしょう。

また、こういう領域に到達できるのは、
何も特別な能力が必要なわけではありません。

むしろ、日常的なことを、
いかにクオリティ高く追求していくことに、
チャレンジできるかでしょうね。

植物たちが、例えば、
同じように見える花や果実を付けても、
病になっていたとしたら、
たぶん、心や根源に届く美しさ、美味しさにも、
なっていかないでしょう。

大切なことは、表面を取り繕うことより、
本質的に健康になっていくことですね。

ぜひ、もっともっと、
あなたの才能、能力を輝かせるために、
日常生活、当たり前のことのクオリティを、
どんどん高めていってください。

内面である、心を磨いていってください。

(浜本哲治)


桂 枝雀 落語大全 第一集 [DVD]